小説

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)10 香也子は内心うんざり……

    香也子は内心うんざりした。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)9 「そんなに大股で歩い……

    「そんなに大股で歩いちゃいけないよ。三歩半といっただろう」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 国内旭川北海道豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)8 ツネはそういい、香也……

    ツネはそういい、香也子が飽き飽きするほど、歩かせたり、すわらせたりした。お辞儀の仕方も習った。稽古となると、ツネはき…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)7 「ちゃんと歩いたりす……

    「ちゃんと歩いたりすわったりするようにならなければ、水瓶など運ばせられないからね。突っかかってころばれたりしたら、お…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)6 香也子が時計を見た。……

    香也子が時計を見た。一時半に訪ねてきてから、もう六時間経っている。恵理子が飛行場に行っている間、祖母に歩き方やすわり…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 国内旭川北海道豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)5 「そろそろおいとまし……

    「そろそろおいとましようかなあ。もう七時半になるものなあ」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)4 香也子が再び居間に戻……

    香也子が再び居間に戻ると、整が大きく伸びをしながらいった。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)3 白雪姫のまま母のよう……

    白雪姫のまま母のように、いままた香也子は口にだしてそっといってみた。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 国内旭川北海道豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)2 「鏡よ鏡よ、わたしと……

    「鏡よ鏡よ、わたしとお姉さんとどちらがきれい?」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)1 香也子はさっきからい……

    香也子はさっきからいらいらとしている。いまもふいと立って洗面所にきた。恵理子の前にすわっていると、何かたまらなくなる…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)50 珍しく香也子が弁護し……

    珍しく香也子が弁護した。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 国内旭川北海道豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)49 「あら、整さんの髪、……

    「あら、整さんの髪、そんなに長くないわよ。整さんセールスマンだから、そう長くは伸ばせないわよね」〈作品本文の凡例〉htt…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)48 「ああ、あの男ならい……

    「ああ、あの男ならいいよ。若いのに、お茶のわきまえもあって、きちんとしてましたよ。髪も整さんみたいに長くなくて。ね、…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)47 と、やや不機嫌に答え……

    と、やや不機嫌に答えた。保子は、なんでもべらべらとしゃべる香也子が、わが子ながらうとましく思われたのだ。それはつまり…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 国内旭川北海道豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)46 「さあ、あのときは香……

    「さあ、あのときは香也ちゃんしか目にはいらなかったから……」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)45 黙って傍で聞いていた……

    黙って傍で聞いていた保子に、ツネがいった。保子は、〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)44 「ああ、いたいた。何……

    「ああ、いたいた。何か感じのスーッとした、いい人だったねえ。ねえ保子」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 北海道国内旭川豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)43 「おばあちゃん、覚え……

    「おばあちゃん、覚えていない? 旭山でお茶の会があったでしょう。あのときわたしのとなりにすわってた男の人がいたでしょ…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)42 頭をかしげたツネに、……

    頭をかしげたツネに、〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)41 「デザイナーねえ」……

    「デザイナーねえ」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 北海道国内旭川豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)40 「家具デザイナーです……

    「家具デザイナーですって」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)39 「へえー。木工団地だ……

    「へえー。木工団地だったら、川向いじゃないか。じゃ、椅子やタンスを作っている人かね」〈作品本文の凡例〉https://www.miu…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)38 「さあ、お友だちか恋……

    「さあ、お友だちか恋人か、そんなこと知らないけど、木工団地に勤めてる人よ」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.co…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 北海道国内旭川豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)37 「なんだね、その西島……

    「なんだね、その西島さんって。友だちかね」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)36 「ね、おばあちゃん、……

    「ね、おばあちゃん、お姉さんきっと、西島さんという人を送りに行ったのよ」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)35 そんな西島とのやりと……

    そんな西島とのやりとりが胸に去来する恵理子のまなざしは、ともすれば、あらぬところを見る表情になる。小山田は、恵理子が…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川空港旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)34 その言葉と表情を見て……

    その言葉と表情を見て、恵理子は西島を信じた。香也子はでたらめをいったのだ。いかにも西島と親しそうに、示威したに過ぎな…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川空港旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)33 「あの人は子供ですよ……

    「あの人は子供ですよ。いたずらっ子だ」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川空港旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)32 西島は大きく目を見張……

    西島は大きく目を見張ったが、肩をゆすって笑った。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川空港旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)31 「香也子さん?」……

    「香也子さん?」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP