嗜好品

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
    • 小説『果て遠き丘』
    • 嗜好品乗り物・交通
    • 旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](四)28 金井はタバコを灰受け……

    金井はタバコを灰受けに入れ、ハンドルに手をおいた。その手を、〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 嗜好品
    • 国内旭川北海道

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](四)21 金井は思わず口からタ……

    金井は思わず口からタバコを離した。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 嗜好品火・炎・煙・燃焼天気・気象動物・植物・生物
    • 北海道国内旭川

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](四)18 金井はタバコに火をつ……

    金井はタバコに火をつけて、雨にぬれた道端の笹の葉に目をやった。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 服飾・宝飾嗜好品
    • 旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](四)16 黙って金井は、ポケッ……

    黙って金井は、ポケットからタバコを出した。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 服飾・宝飾嗜好品インテリア・間取り・家電・什器
    • 旭川北海道国内高砂台

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](一)16 立って行って、香也子……

    立って行って、香也子はドアを開けた。紺のウールのきものを着流した容一が、パイプをくわえたままはいってきた。〈作品本文…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 服飾・宝飾嗜好品飲食・食事・料理・食物・食材
    • 旭川北海道国内市街

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](十)74 ホッとしたように、保子……

    ホッとしたように、保子は残りのビールをあおる。その指に、何の指輪もないのを見た容一は、〈作品本文の凡例〉https://www.m…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 嗜好品飲食・食事・料理・食物・食材
    • 旭川北海道国内市街

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](十)68  と、ビールを飲みな……

     と、ビールを飲みながら、ふっと笑って、〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 生活雑貨・日用品嗜好品行儀・モラル・所作・礼儀
    • 旭川北海道国内市街

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](十)17 ちょっとコップをあげ……

    ちょっとコップをあげて容一がいい、保子もコップをあげた。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 生活雑貨・日用品嗜好品
    • 旭川北海道国内市街

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](十)15 保子も容一のコップに……

    保子も容一のコップに注ぐ。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 生活雑貨・日用品嗜好品飲食・食事・料理・食物・食材
    • 旭川北海道国内市街

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](十)13 コップにビールを注い……

    コップにビールを注いでやりながら、容一がいう。泡が白く盛りあがった。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 職業・生業・仕事嗜好品懐かしい・追憶別れ・離別・距離感性差・ジェンダー飲食・食事・料理・食物・食材回想・過去企業・店・機関数字・単位・規模
    • 旭川北海道国内市街

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](十)9 と、別れた妻を改めて……

    と、別れた妻を改めて吟味するように眺めた。ある種の女にとっては、十年の月日も変化をもたらさないものだ。以前、この部屋…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 服飾・宝飾嗜好品
    • 旭川北海道国内旭山

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](八)15 容一はポケットからタ……

    容一はポケットからタバコを出して、〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 嗜好品飲食・食事・料理・食物・食材
    • 旭川北海道国内高砂台

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](四)88 金井は冷たくなったコ……

    金井は冷たくなったコーヒーに砂糖をいれてがぶがぶと飲んだ。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 服飾・宝飾嗜好品
    • 国内旭川北海道高砂台

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](四)61 容一は大島のたもとか……

    容一は大島のたもとからタバコを取り出しながらいった。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 人物造形嗜好品インテリア・間取り・家電・什器飲食・食事・料理・食物・食材
    • 旭川北海道国内高砂台

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](三)28 整は健康な口にコーヒ……

    整は健康な口にコーヒーカップを当てて、うまそうにコーヒーを飲んだ。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 職業・生業・仕事嗜好品エクステリア飲食・食事・料理・食物・食材
    • 旭川北海道国内高砂台

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](三)11 今度は香也子が殴る……

    今度は香也子が殴る真似をし、整が逃げる真似をする。お手伝いの絹子が、コーヒーを持ってテラスから芝生に降りてきた。〈作…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 嗜好品感情が高まる
    • 国内旭川北海道高砂台

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](二)15 ほっとして容一は、タ……

    ほっとし容一は、タバコに火をつける。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 嗜好品飲食・食事・料理・食物・食材
    • 北海道国内旭川高砂台

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](二)10 「どうした。コーヒー……

    「どうした。コーヒーを飲まないのかい」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 人物造形嗜好品エクステリア感情が高まる飲食・食事・料理・食物・食材
    • 国内旭川北海道高砂台

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](二)2 橋宮容一は、庭のテー……

    橋宮容一は、庭のテーブルでコーヒーを飲みながら、傍の香也子をちらちらと見ていた。別れた妻の保子によく似た香也子の横顔…

    • 小説『塩狩峠』
    • 生活雑貨・日用品嗜好品
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ 菊人形 ]31 貞行は苦笑して、キセ……

    貞行は苦笑して、キセルの灰をぽんと落とした。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『塩狩峠』
    • 人物造形生活雑貨・日用品嗜好品エクステリアインテリア・間取り・家電・什器天気・気象
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ 菊人形 ]2 縁側でキセルをくわえ……

    縁側でキセルをくわえながら、貞行はしばらくじっと雲をながめていたが、ふと視線をかたわらの信夫にうつした。信夫は描いた…

カテゴリー

アーカイブ