本・新聞・雑誌・文学

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
    • 小説『塩狩峠』
    • 生・命・死本・新聞・雑誌・文学絵画・イラスト・模様昔話・民話・おとぎ話・神話天気・気象音・音色・響き
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]308 二人はうなずき合った…………

    二人はうなずき合った。信夫はもう一度、地獄の絵を開いてみた。その時雷の音が遠くで鳴った。〈作品本文の凡例〉https://www…

    • 小説『塩狩峠』
    • 本・新聞・雑誌・文学絵画・イラスト・模様
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]283 吉川は信夫の憂鬱そう…………

    吉川は信夫の憂鬱そうな顔を見て、ぱらぱらと頁をくった。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『塩狩峠』
    • インテリア・間取り・家電・什器本・新聞・雑誌・文学数字・単位・規模
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]261 「吉川は仏壇の下のひ…………

    吉川は仏壇の下のひき出しから本を出した。第一ページを開くなり、信夫は眉根をよせた。〈作品本文の凡例〉https://www.miura…

    • 小説『塩狩峠』
    • 本・新聞・雑誌・文学絵画・イラスト・模様
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]259 「見るもの? 絵双紙…………

    「見るもの? 絵双紙?」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 懐かしい・追憶本・新聞・雑誌・文学伝統文化
    • 旭川北海道国内市街

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](十)35 「だって、そうじゃあ……

    「だって、そうじゃありません? あの子が新聞で、わたしたちの野点を知って、とにかく駆けつけてくれたのよ。ということは…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 本・新聞・雑誌・文学伝統文化動物・植物・生物時間・時刻・時間帯
    • 旭川北海道国内市街

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](十)25 「香也子があとでいっ……

    「香也子があとでいっていたがね、あの朝、新聞の『会と催し』の欄で、野点のことを知ったそうだよ。あいつ何か企んでいたら…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 恥ずかしい・照れ推し・お気に入り・好き本・新聞・雑誌・文学
    • 旭山旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](七)30 その会話に、香也子は……

    その会話に、香也子は、二人の関係がさほど親密ではないことを知った。もし恋人同士であれば、新聞を通して茶会を知る必要は…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 本・新聞・雑誌・文学伝統文化
    • 国内旭山旭川北海道

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](七)28 「今朝新聞で、お宅の……

    「今朝新聞で、お宅の茶会があることを知りましてね」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 本・新聞・雑誌・文学
    • 旭川北海道国内高砂台

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](六)40 新聞記事を見て、香也……

    新聞記事を見て、香也子は咄嗟にそう決意した。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 本・新聞・雑誌・文学回想・過去伝統文化山岳・丘陵数字・単位・規模
    • 北海道国内旭川高砂台

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](六)35 香也子は今朝、新聞を……

    香也子は今朝、新聞をひらき、そこに、五、六行の小さな記事を見て胸をとどろかせた。それは、藤戸ツネが旭山において野点の…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 人物造形本・新聞・雑誌・文学
    • 旭川北海道国内高砂台

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](四)42 「ぼくは、文学にはう……

    「ぼくは、文学にはうといんです」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 本・新聞・雑誌・文学
    • 旭川北海道国内高砂台

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](四)38 「あなたはフランス文……

    「あなたはフランス文学がお好きなんですか」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 人物造形本・新聞・雑誌・文学
    • 旭川北海道国内高砂台

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](四)37 そのいい方が、いかに……

    そのいい方が、いかにも文学好きの少女のように見えた。金井は微笑した。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 本・新聞・雑誌・文学人物名
    • 旭川北海道国内高砂台

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](四)36 「そりゃそうよ。現実……

    「そりゃそうよ。現実にお会いしたのは、はじめてですもの。でも、わたし、あなたにお会いしたことがあるわ。何かの小説の中…

    • 小説『塩狩峠』
    • 本・新聞・雑誌・文学
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ 桜の下 ]152 新聞を見ていた貞行が……

    新聞を見ていた貞行が顔をあげた。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『塩狩峠』
    • 生活雑貨・日用品インテリア・間取り・家電・什器本・新聞・雑誌・文学
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ 桜の下 ]74 貞行は本をたたみの上……

    貞行は本をたたみの上においた。あらたまった声である。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『塩狩峠』
    • 本・新聞・雑誌・文学
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ 桜の下 ]68 貞行が本から信夫に視……

    貞行が本から信夫に視線をうつした。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『塩狩峠』
    • 生活雑貨・日用品インテリア・間取り・家電・什器本・新聞・雑誌・文学遊び・玩具
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ 桜の下 ]66 菊と待子が出て行くと……

    菊と待子が出て行くと、貞行は火鉢に手をかざして本を読みはじめた。信夫は凧でもあげに外に出ようと思ったが、妙に気がのら…

カテゴリー

アーカイブ