ことわざ・慣用句・言い回し・比喩

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
    • 小説『果て遠き丘』
    • 思想・考え方ことわざ・慣用句・言い回し・比喩
    • 国内旭川北海道高砂台

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](五)40 「いや、シカマさ。だ……

    「いや、シカマさ。だけどシキマって呼ばれて改姓したそうだけどね、名前は改めても、色魔ってのは、そう簡単になおらんから…

    • 小説『果て遠き丘』
    • ことわざ・慣用句・言い回し・比喩
    • 旭川北海道国内高砂台

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](五)37 「な、香也ちゃん。こ……

    「な、香也ちゃん。この世には苗字ひとつだっていろいろあるよな。色に摩擦の摩って書いて何と読む?」〈作品本文の凡例〉htt…

    • 小説『果て遠き丘』
    • ことわざ・慣用句・言い回し・比喩
    • 旭川北海道国内高砂台

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](五)35 「フジノボリっていう……

    「フジノボリっていうんだよ」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • ことわざ・慣用句・言い回し・比喩
    • 旭川北海道国内高砂台

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](五)33 「知らないだろう。カ……

    「知らないだろう。カマツカ、カマツカだよ。五六と書いて何と読む?」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • ことわざ・慣用句・言い回し・比喩
    • 国内旭川北海道高砂台

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](五)32 「一寸八分? 何て読……

    「一寸八分? 何て読むのよ」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • ことわざ・慣用句・言い回し・比喩
    • 旭川北海道国内高砂台

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](五)31 「ね、香也ちゃん、一……

    「ね、香也ちゃん、一寸八分って書く姓があるの、知ってる?」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『塩狩峠』
    • 呼称・敬称・通称音楽・楽曲・楽器ことわざ・慣用句・言い回し・比喩動物・植物・生物街並み・地域・地名
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]377 鳥も通わぬえぞが島と…………

    鳥も通わぬえぞが島と歌に聞くさええぞは遠い寂しいところである。あまりにも突然の話に、信夫は呆然として、吉川を見あげて…

    • 小説『果て遠き丘』
    • ことわざ・慣用句・言い回し・比喩
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](二)50 恵理子が助け舟を出す……

    恵理子が助け舟を出す。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • ことわざ・慣用句・言い回し・比喩
    • 旭川北海道国内高砂台

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](一)47 香也子のいうことは、……

    香也子のいうことは、猫の目のように変わる。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 生活雑貨・日用品インテリア・間取り・家電・什器ことわざ・慣用句・言い回し・比喩昔話・民話・おとぎ話・神話
    • 旭川北海道国内高砂台

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](一)11 「鏡や、鏡や、世界の……

    「鏡や、鏡や、世界のうちでいちばん美しいのは誰?」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • ことわざ・慣用句・言い回し・比喩
    • 北海道国内旭川市街

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](十)12 「手があがったかね」……

    「手があがったかね」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 反省・後悔ことわざ・慣用句・言い回し・比喩
    • 旭川北海道国内市街

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](九)36 「それだよ。そりゃあ……

    「それだよ。そりゃあ、扶代に手を出した俺は悪いよ。悪いけど、いきなり一刀両断のもとに斬られたって感じだったな」〈作品…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 職業・生業・仕事別れ・離別・距離感ことわざ・慣用句・言い回し・比喩
    • 旭川北海道国内市街

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](九)32 「ほんとうにねえ、何……

    「ほんとうにねえ、何でお二人が別れたのか、はた目も羨むっていうのは、社長さんたちのことだと思いましたがねえ」〈作品本…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 職業・生業・仕事ことわざ・慣用句・言い回し・比喩
    • 旭川北海道国内市街

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](九)28 「社長さん、焼けぼっ……

    「社長さん、焼けぼっくいに火ですか」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • ライフイベント告白・求婚・返事ことわざ・慣用句・言い回し・比喩
    • 旭川北海道国内高砂台

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](四)51 「こりゃ、香也子が月……

    「こりゃ、香也子が月下氷人のようなもんじゃないか。ま、金井君、とにかくそのつもりで……結婚を前提にしての交際を、よろし…

    • 小説『果て遠き丘』
    • ことわざ・慣用句・言い回し・比喩
    • 旭川北海道国内高砂台

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](二)65 「やっぱり、馬子にも……

    「やっぱり、馬子にも衣装よ」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • ことわざ・慣用句・言い回し・比喩
    • 国内旭川北海道高砂台

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](二)58 「ごめんなさいね、……

    「ごめんなさいね、章子さん。馬子にも衣装だなんて。わたし、ちょっと怒ってたもんだから。ほんとはよく似合うわよ」〈作品…

    • 小説『果て遠き丘』
    • ことわざ・慣用句・言い回し・比喩
    • 旭川北海道国内高砂台

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](二)33 「香也子、馬子にも……

    「香也子、馬子にも衣装とはね、本来は、大したことはないが、着物で引き立っている場合に使う言葉だよ」〈作品本文の凡例〉h…

    • 小説『果て遠き丘』
    • ことわざ・慣用句・言い回し・比喩
    • 旭川北海道国内高砂台

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](二)31 「馬子にも衣装って、……

    「馬子にも衣装って、ほんとうね、お父さん」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『塩狩峠』
    • 思想・考え方ことわざ・慣用句・言い回し・比喩
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]90 「男子厨房に容喙すべ……

    「男子厨房に容喙すべからず」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『塩狩峠』
    • 思想・考え方ことわざ・慣用句・言い回し・比喩
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]89 「男子厨房に入るベか……

    「男子厨房に入るベからず」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP