匂い・香り

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
    • 小説『果て遠き丘』
    • 匂い・香り火・炎・煙・燃焼
    • 旭川北海道国内旭山

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](八)29 容一はいま見た恵理子……

    容一はいま見た恵理子と、保子の顔を思い浮かべながらいった。もしもあの保子が、いまの扶代の立場なら、どういっただろう。…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 人物造形職業・生業・仕事生活雑貨・日用品匂い・香り季節・時期・気候動物・植物・生物
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](一)8 恵理子は土手の端の柔……

    恵理子は土手の端の柔らかいよもぎをちぎって、形のいい鼻に近づける。よもぎの新鮮な、鋭い香りが恵理子は好きだ。恵理子は…

    • 小説『塩狩峠』
    • 匂い・香り飲食・食事・料理・食物・食材
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ 桜の下 ]22 菊が信夫のそばにきて……

    菊が信夫のそばにきて肩に手をかけた。根本芳子先生のようないい匂いがして、信夫はうれしかった。膳につくと、待子が信夫の…

    • 小説『塩狩峠』
    • 匂い・香り学校・授業・教科回想・過去
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ 鏡 ]58 先生のいい匂いがした……

    先生のいい匂いがした。信夫は首を横にふった。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『塩狩峠』
    • 人物造形化粧・香料・ウィッグ匂い・香り学校・授業・教科回想・過去
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ 鏡 ]48 先生が近よってくると……

    先生が近よってくると、何かいい匂いが漂う。祖母のトセのようにびんつけ油の匂いとはちがうと信夫は思った。先生と手をつな…

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP