時間・時刻・時間帯

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
    • 小説『果て遠き丘』
    • 企業・店・機関数字・単位・規模時間・時刻・時間帯
    • 旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](七)1 店内はひっそりとして……

    店内はひっそりとして客が二組ほどしかなかった。ま昼のせいだろう。容一、保子、恵理子の三人が、いちばん隅の席に向かい合…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 数字・単位・規模時間・時刻・時間帯
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](六)39 「じゃ、どうだね。お……

    「じゃ、どうだね。お母さんと街まで出てこないかね、十五分もあったら出てこれるだろう」〈作品本文の凡例〉https://www.miu…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 生活雑貨・日用品河川・湖沼時間・時刻・時間帯
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](六)16 ふっと恵理子は時計を……

    ふっと恵理子は時計を見た。もう十二時半だ。川向こうを見る。やはり青年はきていない。と、その時、〈作品本文の凡例〉https…

    • 『氷点』小説
    • インテリア・間取り・家電・什器性的関係・性的行為・性的接近誘惑・誘い・気を引く医療・治療・救急回想・過去職場・仕事場・作業場時間・時刻・時間帯
    • 北海道国内旭川

    『氷点』[ 敵 ]27 暗室はせまかった。向…………

    暗室はせまかった。向き合って椅子に座っている二人の膝が触れた。診る必要はなかった。だが彼は、ゆっくりと時間をかけて診…

    • 『氷点』小説
    • 年中行事・風物詩・祭り季節・時期・気候数字・単位・規模暦・曜日・月日の経過時間・時刻・時間帯
    • 国内旭川北海道神楽

    『氷点』[ 敵 ]3 遠くで祭りの五段雷が…………

    遠くで祭りの五段雷が鳴った。昭和二十一年七月二十一日、夏祭りのひる下がりである。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-t…

    • 小説『塩狩峠』
    • エクステリア遊び・玩具音・音色・響き時間・時刻・時間帯
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]338 間をおいてゆっくり数…………

    間をおいてゆっくり数える虎雄の声が、信夫のかくれている物置小屋まで聞こえてくる。静かだった。虎雄の声のほかは何ひとつ…

    • 小説『塩狩峠』
    • 飲食・食事・料理・食物・食材祈祷・儀式時間・時刻・時間帯
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]205 信じられないというよ…………

    信じられないというような顔で、吉川はようかんを口に入れた。吉川の母は、朝夕仏壇にお燈明をあげて必ず拝む。〈作品本文の…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 約束・誓い・宣言時間・時刻・時間帯
    • 旭川北海道国内高砂台

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](三)14 「そうか。だけど、五……

    「そうか。だけど、五時にくるっていう約束だったんだけどなあ」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 家事・DIY飲食・食事・料理・食物・食材時間・時刻・時間帯
    • 旭川北海道国内高砂台

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](三)13 「早いわよ。章子さん……

    「早いわよ。章子さん、いまお料理にとりかかったばかりよ。今日は中華料理を作るんですって。一時間は早いわよ」〈作品本文…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 飲食・食事・料理・食物・食材時間・時刻・時間帯
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](二)59 「今夜は生鮨を奢ろう……

    「今夜は生鮨を奢ろうかねえ」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 時間・時刻・時間帯
    • 北海道国内旭川豊岡

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](二)21 「あら、もう三時? ……

    「あら、もう三時? おばあちゃんお帰りなさい」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 生活雑貨・日用品服飾・宝飾化粧・香料・ウィッグインテリア・間取り・家電・什器絵画・イラスト・模様人物名動物・植物・生物数字・単位・規模時間・時刻・時間帯
    • 旭川北海道国内高砂台

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](一)2 もう十時だというのに……

    もう十時だというのに、香也子はネグリジェのまま、一時間も前から三面鏡に向かって化粧していた。部屋の片隅のベッドが、三…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 本・新聞・雑誌・文学伝統文化動物・植物・生物時間・時刻・時間帯
    • 旭川北海道国内市街

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](十)25 「香也子があとでいっ……

    「香也子があとでいっていたがね、あの朝、新聞の『会と催し』の欄で、野点のことを知ったそうだよ。あいつ何か企んでいたら…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 時間・時刻・時間帯
    • 旭川北海道国内旭山

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](八)16 「香也子にも困ったも……

    「香也子にも困ったもんだ。どうも、今朝からしつこく誘うと思ったよ」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 時間・時刻・時間帯
    • 国内旭山旭川北海道

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](六)4 「これでもだいぶ帰った……

    「これでもだいぶ帰ったんだろう。もう四時過ぎだからねえ」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • インテリア・間取り・家電・什器音楽・楽曲・楽器河川・湖沼暦・曜日・月日の経過時間・時刻・時間帯
    • 国内旭川北海道豊岡

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](五)26 その次の日も、同じ時……

    その次の日も、同じ時刻、向こう岸に青年を見た。が、それは二階の恵理子の部屋からだった。そして昨日の水曜日にまた恵理子…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 人物造形火・炎・煙・燃焼河川・湖沼時間・時刻・時間帯
    • 国内旭川北海道豊岡

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](五)21 炎を見つめながら、恵……

    炎を見つめながら、恵理子はそのとき、そんなことを思っていた。と、ふと向こう岸を見ると、そこに再びあの青年を見た。一時…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 暦・曜日・月日の経過時間・時刻・時間帯
    • 北海道国内旭川

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](五)14 「大丈夫よ、お母さん……

    「大丈夫よ、お母さん。今日は木曜日ですもの。それに、もう三時になるでしょう」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.…

カテゴリー

アーカイブ