旭川

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)59 「うちのお父さんも、……

    「うちのお父さんも、どうかしてるわね」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)58 保子は目を伏せた。……

    保子は目を伏せた。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)57 「それがね、畳の上な……

    「それがね、畳の上ならまだいいの。台所の床に落ちたものでも、拾って食べるんだから。まるで猫か犬みたい。でもね、お父さ…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)56 ツネがうなずく。保子……

    ツネがうなずく。保子の顔がこわばる。それを尻目に、香也子はいった。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)55 「え? お父さんの奥……

    「え? お父さんの奥さん? へえー、そうかい」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)54 「おばあちゃん、うち……

    「おばあちゃん、うちの父さんの奥さんね、おんなじことするのよ」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)53 恵理子もツネも、保子……

    恵理子もツネも、保子も笑った。が香也子は笑わずに、〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 国内旭川北海道豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)52 「まあ」……

    「まあ」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)51 整はわざとあられを二……

    整はわざとあられを二つ三つこぼして、また食べた。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)50 「なんのなんの、ぼく……

    「なんのなんの、ぼくのほうが汚れきっていますからね。ぼくより汚いものは、この世にはありませんよ」〈作品本文の凡例〉htt…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 国内旭川北海道豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)49 保子がいうと整は笑っ……

    保子がいうと整は笑って、〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)48 「ま、汚いわね、整さ……

    「ま、汚いわね、整さん」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)47 恵理子に不作法なこと……

    恵理子に不作法なことをいった香也子に、整はぶっきら棒に答えた。いいながら、目の前にあったあられを口にいれた。と、その…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 国内旭川北海道豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)46 「香也子姫ほどに意地……

    「香也子姫ほどに意地悪じゃありませんよ、ぼくは」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)45 「ひどいわ、整さんっ……

    「ひどいわ、整さんったら。また人をばかにして。ね、おばあちゃん、整さんったら、いつもこんなに意地悪なの」〈作品本文の…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)44 「短大を出て、野に遺……

    「短大を出て、野に遺賢ありもわからんか」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 国内旭川北海道豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)43 「なあに、それ?」……

    「なあに、それ?」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)42 ぽつりと整がいった。……

    ぽつりと整がいった。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)41 「野に遺賢あり、とい……

    「野に遺賢あり、というからな」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 国内旭川北海道豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)40 恵理子は香也子の毒の……

    恵理子は香也子の毒のある言葉にも笑って答えた。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)39 「そうよねえ、香也ち……

    「そうよねえ、香也ちゃん。わたし天才なんかじゃないから、安心してちょうだい」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)38 「天才的だなんて、大……

    「天才的だなんて、大げさね。皇后様のお召物を作ったり、美智子さまのお洋服を作ったりするぐらいでなくちゃ、天才とはいえ…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 国内旭川北海道豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)37 ともすれば黙り勝ちだ……

    ともすれば黙り勝ちだった保子が、恵理子のこととなると、聞かれもしないのにいった。香也子は横ずわりにすわって、〈作品本…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)36 「香也ちゃん、恵理子……

    「香也ちゃん、恵理子は上手なんていうもんじゃないわよ。天才的ですよ。一度恵理子がつくったものを着た人は、二度とほかに…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)35 何か傷つける言葉を香……

    何か傷つける言葉を香也子はいいたかった。恵理子が答える前に、保子が答えた。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.co…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 北海道国内旭川豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)34 「へえ、お姉さん、紳……

    「へえ、お姉さん、紳士物を作れるほど上手なの?」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)33 と、にっこりする。香……

    と、にっこりする。香也子は、ひざまずいて裾丈をはかっている恵理子を見おろしながら、いつもこのように、姉をひざまずかせ…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)32 「わたしの作るもので……

    「わたしの作るものでよければ、ワイシャツぐらいは作れるかもしれませんよ」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 北海道国内旭川豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)31 冗談のつもりで整はい……

    冗談のつもりで整はいったのだが、恵理子は〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)30 「ぼくもはかってくれ……

    「ぼくもはかってくれないかなあ」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

カテゴリー

アーカイブ