旭川

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川空港旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)19 ひっそりとした空港の……

    ひっそりとした空港の前で、美しい山々の起伏を眺めながら西島はいった。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川空港旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)18 「ぼくは……あなたが……

    「ぼくは……あなたが現れるまでは、鈴村の妹をもらってもいいと、思わないわけじゃなかったんです」〈作品本文の凡例〉https:/…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川空港旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)17 恵理子は答えようがな……

    恵理子は答えようがなかったのだ。わかるというには、西島と恵理子の交際の日は、まだあまりに浅かった。だが、わからぬとい…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川空港旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)16 「…………」……

    「…………」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川空港国内旭川北海道

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)15 「恵理子さん、なぜぼ……

    「恵理子さん、なぜぼくがこんな話をあなたにお聞かせするか、おわかりですか」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.co…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川空港旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)14 ただ黙って聞いている……

    ただ黙って聞いている恵理子に、西島はいった。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)13 恵理子は、もう東京に……

    恵理子は、もう東京に着いたであろう西島広之のことを思っていた。西島は白血病を病んでいる鈴村という親友を、すぐに病院に…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 国内旭川北海道豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)12 小山田整は、さっきか……

    小山田整は、さっきから恵理子の顔をちらちらと見ていた。ともすれば恵理子の表情に影がさすのを、小山田はいち早く気づいて…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)11 「まったくだよな」……

    「まったくだよな」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)10 「やっぱり日本人には……

    「やっぱり日本人には、畳のお部屋がいちばんですよ。ここの家を見てごらん。みんな和室ばかりですよ。ほんとにほんとに、こ…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 国内旭川北海道豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)9 ツネは眉をひそめて、……

    ツネは眉をひそめて、〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)8 「洋間ねえ」……

    「洋間ねえ」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)7 「だってねえ、おばあ……

    「だってねえ、おばあちゃん、わたし、すわったことなんかないんだもん。わたしの部屋も居間も洋間なんだもの」〈作品本文の…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 北海道国内旭川豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)6 が、ツネにはそうはい……

    が、ツネにはそうはいかない。肉親の祖母といっても、この祖母にはいくつもの顔がありそうで、内心、香也子はツネを恐れてい…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)5 保子の機嫌は、べつに……

    保子の機嫌は、べつに自分がとる必要はないとみている。第一に、自分は実の子だ。そのうえ保子は、父の容一と、よりを戻した…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)4 しゃんと背中を伸ばし……

    しゃんと背中を伸ばしたまま、ツネは正座してスプーンを口に運んでいる。なんとなく油断のならぬ香也子だとは思いながら、二…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 北海道国内旭川豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)3 「そうかねえ」……

    「そうかねえ」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)2 恵理子の作った夕食の……

    恵理子の作った夕食のちらしずしを食べたあと、香也子はアイスクリームをなめながらいった。〈作品本文の凡例〉https://www.m…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)1 「おばあちゃん、だけ……

    「おばあちゃん、だけど、お茶って大変ねえ」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川空港北海道国内旭川

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](一)40 セスナ機が再び空港に……

    セスナ機が再び空港に近づいてきた。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川空港旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](一)39 「鈴村はきっと、また……

    「鈴村はきっと、またあの妹のことを、ぼくに頼むというと思うんです。いままでは冗談半分だったけれど、今度は本気で……」〈…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川空港旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](一)38 恵理子は、自分の顔色……

    恵理子は、自分の顔色が青ざめていくのを感じた。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川空港旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](一)37 「ぼくも、ま、東京に……

    「ぼくも、ま、東京には二晩しかいませんけど、彼を見舞うつもりでいるんです。この鈴村に、妹が一人いましてね……春に、二、…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川空港旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](一)36 「まあ!」……

    「まあ!」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川空港旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](一)35 西島の顔がかげった。……

    西島の顔がかげった。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川空港旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](一)34 「こんなことは、あなた……

    「こんなことは、あなたには関係のないことかもしれませんが……。じつはね、ぼくの小さい時からの親友に、鈴村っていう奴がい…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川空港旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](一)33 ハッとして、恵理子は……

    ハッとして、恵理子は西島を見た。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川空港旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](一)32 「話は変わりますけど……

    「話は変わりますけどねえ、恵理子さん。じつは今度東京に帰ったら、きっと結婚の話が出るだろうと、予感してるんです」〈作…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川空港旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](一)31 二人は笑った。笑って……

    二人は笑った。笑ってから、西島はまじめな顔をして恵理子を見た。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川空港旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](一)30 「そうですわねえ。で……

    「そうですわねえ。でも西島さん、現代の人でないみたい」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

カテゴリー

アーカイブ