国内

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)49 「あら、整さんの髪、……

    「あら、整さんの髪、そんなに長くないわよ。整さんセールスマンだから、そう長くは伸ばせないわよね」〈作品本文の凡例〉htt…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)48 「ああ、あの男ならい……

    「ああ、あの男ならいいよ。若いのに、お茶のわきまえもあって、きちんとしてましたよ。髪も整さんみたいに長くなくて。ね、…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 国内旭川北海道豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)47 と、やや不機嫌に答え……

    と、やや不機嫌に答えた。保子は、なんでもべらべらとしゃべる香也子が、わが子ながらうとましく思われたのだ。それはつまり…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)46 「さあ、あのときは香……

    「さあ、あのときは香也ちゃんしか目にはいらなかったから……」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)45 黙って傍で聞いていた……

    黙って傍で聞いていた保子に、ツネがいった。保子は、〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 国内旭川北海道豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)44 「ああ、いたいた。何……

    「ああ、いたいた。何か感じのスーッとした、いい人だったねえ。ねえ保子」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)43 「おばあちゃん、覚え……

    「おばあちゃん、覚えていない? 旭山でお茶の会があったでしょう。あのときわたしのとなりにすわってた男の人がいたでしょ…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)42 頭をかしげたツネに、……

    頭をかしげたツネに、〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 国内旭川北海道豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)41 「デザイナーねえ」……

    「デザイナーねえ」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)40 「家具デザイナーです……

    「家具デザイナーですって」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)39 「へえー。木工団地だ……

    「へえー。木工団地だったら、川向いじゃないか。じゃ、椅子やタンスを作っている人かね」〈作品本文の凡例〉https://www.miu…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 北海道国内旭川豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)38 「さあ、お友だちか恋……

    「さあ、お友だちか恋人か、そんなこと知らないけど、木工団地に勤めてる人よ」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.co…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)37 「なんだね、その西島……

    「なんだね、その西島さんって。友だちかね」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)36 「ね、おばあちゃん、……

    「ね、おばあちゃん、お姉さんきっと、西島さんという人を送りに行ったのよ」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 北海道国内旭川豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)35 そんな西島とのやりと……

    そんな西島とのやりとりが胸に去来する恵理子のまなざしは、ともすれば、あらぬところを見る表情になる。小山田は、恵理子が…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川空港旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)34 その言葉と表情を見て……

    その言葉と表情を見て、恵理子は西島を信じた。香也子はでたらめをいったのだ。いかにも西島と親しそうに、示威したに過ぎな…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川空港旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)33 「あの人は子供ですよ……

    「あの人は子供ですよ。いたずらっ子だ」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川空港北海道国内旭川

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)32 西島は大きく目を見張……

    西島は大きく目を見張ったが、肩をゆすって笑った。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川空港旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)31 「香也子さん?」……

    「香也子さん?」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川空港旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)30 「でも、香也子とあな……

    「でも、香也子とあなたは……」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川空港旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)29 西島は熱っぽい目で恵……

    西島は熱っぽい目で恵理子を見た。恵理子は深くうなずいた。が、恵理子はいった。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川空港旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)28 「恵理子さん、ぼくは……

    「恵理子さん、ぼくは、鈴村の申し出をきっぱり断ってこようと思います。いいでしょうか」〈作品本文の凡例〉https://www.miu…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川空港旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)27 西島はあとの言葉をつ……

    西島はあとの言葉をつづけることができなかった。が、東京から飛行機が二人の頭上に現れたとき、西島はいった。〈作品本文の…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川空港旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)26 「恵理子さん、ぼくは……

    「恵理子さん、ぼくは率直に伺いたいんです。いや、こんなことを伺うのは、少し早過ぎるかもしれない。しかし、ぼくは、あな…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川空港旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)25 「…………」……

    「…………」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川空港旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)24 「そうです。うかつに……

    「そうです。うかつにもぼくは気がつかなかった。のんきだったんです」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川空港旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)23 「でも……その貴子さ……

    「でも……その貴子さんとおっしゃる方は、あなたをお兄さんのようには思っていらっしゃらなかったんでしょう?」〈作品本文の…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川空港旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)22 「ですけどむろんぼく……

    「ですけどむろんぼくは、鈴村にも貴子さんにも結婚するといったことはなかったんです。二人ともいい人間ですが、結婚しよう…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川空港旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)21 その言葉を、恵理子は……

    その言葉を、恵理子は重い言葉として受け取った。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川空港旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)20 (あなたが現れるまで……

    (あなたが現れるまでは……)〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

カテゴリー

アーカイブ