人物造形

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
    • 小説『果て遠き丘』
    • 人物造形
    • 旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](七)13 「いやあ、あいつは食……

    「いやあ、あいつは食べる一方でね」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 人物造形飲食・食事・料理・食物・食材勉強・学習・試験
    • 旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](七)10 絹子が料理上手なのは……

    絹子が料理上手なのは事実だ。が、あの日は扶代の娘、章子が料理学校で習った腕前を披露したのだ。しかし容一は、そうはいわ…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 人物造形職業・生業・仕事
    • 国内旭川北海道

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](七)9 「お手伝いの絹子だ。……

    「お手伝いの絹子だ。あれは料理の上手な娘でね」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 人物造形生活雑貨・日用品服飾・宝飾別れ・離別・距離感性差・ジェンダー差別・偏見・思い込み飲食・食事・料理・食物・食材
    • 旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](七)5 牛肉とピーマンのいた……

    牛肉とピーマンのいため煮を小皿にとりながら保子がいう。そのきものから出た肉づきのいい腕が、ふっくらとなまめかしい。恵…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 人物造形
    • 北海道国内旭川

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](七)2 「いい娘になったねえ……

    「いい娘になったねえ。まったくいい娘になった」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 人物造形音・音色・響き
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](六)25 やわらかい中年の男の……

    やわらかい中年の男の声だった。恵理子は一瞬息をのんでから、〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 人物造形職業・生業・仕事生活雑貨・日用品ライフイベント人生・生涯並ぶ・寄り添う理念・信念・理想
    • 国内旭川北海道豊岡

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](六)13 恵理子は痛切にそう思……

    恵理子は痛切にそう思う。決して、母や祖母のような結婚生活になってほしくないと思う。恵理子は人から頼まれたものを縫う時…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 人物造形職業・生業・仕事服飾・宝飾暦・曜日・月日の経過
    • 国内旭川北海道豊岡

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](六)11 と恵理子は器用に、スー……

    恵理子は器用に、スーツの裾をまつっていく。驚くほどの早さであり、驚くほどのうまさである。グリーンのこのスーツの主は、…

    • 『氷点』小説
    • 人物造形インテリア・間取り・家電・什器
    • 国内旭川北海道神楽

    『氷点』[ 敵 ]44 取手に手をかけたまま…………

    取手に手をかけたまま、村井がふり返った。その広い額がじっとりと汗にぬれている。ややうすい唇が、もの言いたげにかすかに…

    • 『氷点』小説
    • 人物造形狂気・異常回想・過去
    • 北海道国内旭川

    『氷点』[ 敵 ]38 「でも奥さんの子はき…………

    「でも奥さんの子はきらいだな。きらいというより呪いたい存在と言いますかね」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.co…

    • 小説『氷点』
    • 人物造形回想・過去
    • 旭川北海道国内

    『氷点』[ 敵 ]37 村井はちょっと皮肉に…………

    村井はちょっと皮肉に唇をゆがめた。冷たい、ニヒリスチックな表情であった。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/…

    • 小説『氷点』
    • 人物造形回想・過去
    • 旭川北海道国内

    『氷点』[ 敵 ]34 「村井さんは、子供が…………

    「村井さんは、子供がおきらいらしいですわね」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 『氷点』小説
    • 人物造形回想・過去
    • 旭川北海道国内神楽

    『氷点』[ 敵 ]33 それから村井は、時々…………

    それから村井は、時々辻口家を訪ねるようになった。しかし辻口家の幼い徹とルリ子に対しては、あまり言葉をかけなかった。〈…

    • 『氷点』小説
    • 人物造形回想・過去職場・仕事場・作業場
    • 旭川北海道国内

    『氷点』[ 敵 ]32 子供っぽい言い方がか…………

    子供っぽい言い方がかわいいと思った。夏枝は、つつましく目をふせると、村井の手をそっとはずして暗室を出た。〈作品本文の…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 人物造形生活雑貨・日用品飲食・食事・料理・食物・食材
    • 北海道国内旭川高砂台

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](五)18 金井は緊張した顔で箸……

    金井は緊張した顔で箸をおいた。扶代はいつものように、のんびりした調子でジュースを注いでやる。〈作品本文の凡例〉https:/…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 人物造形家事・DIY飲食・食事・料理・食物・食材思想・考え方
    • 北海道国内旭川高砂台

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](五)9 「だってそうだろう。……

    「だってそうだろう。香也ちゃんは何ひとつ手伝わないで、ただ食べているわけだろう。料理ってものは、作った人はおいしくな…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 人物造形インテリア・間取り・家電・什器飲食・食事・料理・食物・食材動物・植物・生物
    • 国内旭川北海道高砂台

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](五)2 香也子がいった。テー……

    香也子がいった。テーブルの上には、牛肉とピーマンと地物の筍のいため煮、毛蟹を使ったフーヨーハイ、それに容一の好きな八…

    • 『氷点』小説
    • 人物造形階級・身分・職位
    • 北海道国内旭川神楽

    『氷点』[ 敵 ]12 無論それまで、院長夫…………

    無論それまで、院長夫人である夏枝を知らない訳ではない。しかし夏枝には、まともに顔を合わすこともできないような、関心を…

    • 『氷点』小説
    • 人物造形性的関係・性的行為・性的接近
    • 旭川北海道国内神楽

    『氷点』[ 敵 ]10 そう思いながら、夏枝…………

    先ほどから、村井が何を言いたがっているかに夏枝は気づいている。夏枝は、その言葉を待つ表情になった。そのような自分を意…

    • 『氷点』小説
    • 人物造形年齢・学年服飾・宝飾
    • 旭川北海道国内神楽

    『氷点』[ 敵 ]9 そう思いながら、夏枝…………

    そう思いながら、夏枝は背を向けたまま立っている村井の、長身の白い背広姿を見上げて微笑した。つつましやかな、整った夏枝…

    • 小説『氷点』
    • 人物造形服飾・宝飾性差・ジェンダー
    • 旭川北海道国内神楽

    『氷点』[ 敵 ]7 夏枝は思わず目を上げ…………

    夏枝は思わず目を上げた。つややかな瞳に、長いまつげが影を落としている。とおった鼻筋に気品があった。紺地の浴衣に、雪国…

    • 小説『塩狩峠』
    • 人物造形感情が高まる
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]373 いつもおだやかな表情…………

    いつもおだやかな表情をしていた吉川が、今にも泣き出しそうな顔で、じっと信夫を見た。〈作品本文の凡例〉https://www.miura…

    • 小説『塩狩峠』
    • 人物造形推し・お気に入り・好き感情が高まる障がい遊び・玩具
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]359 信夫はふじ子と二人で…………

    信夫はふじ子と二人でそっとかくれているのが楽しかった。今まで、かくれんぼをして、こんな風に何か甘っ苦しいような楽しさ…

    • 小説『塩狩峠』
    • 人物造形
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]356 ふじ子もそっと答えた…………

    ふじ子もそっと答えた。長いふかぶかとしたまつ毛の下の澄んだ目も「なあに?」といっている。〈作品本文の凡例〉https://www…

    • 小説『塩狩峠』
    • 人物造形服飾・宝飾障がい
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]350 こっくりうなずいて、…………

    こっくりうなずいて、ふじ子は信夫のそばによった。ふじ子の着物の裾から、悪い方の足が少し前に出ていた。かぼそい足だった…

    • 小説『塩狩峠』
    • 人物造形
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]340 のんびりとした虎雄の…………

    のんびりとした虎雄の声に、〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『塩狩峠』
    • 人物造形遊び・玩具
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]336 待子が立ちあがった。…………

    待子が立ちあがった。虎雄も立った。虎雄の背が少し伸びたようだと信夫はながめながら、じゃんけんをした。鬼は虎雄だった。…

    • 小説『塩狩峠』
    • 人物造形
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]327 「六さんも来ている?…………

    「六さんも来ている?」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『塩狩峠』
    • 人物造形
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]326 待子は何もわからずに…………

    待子は何もわからずにそういった。人なつっこい待子はもう虎雄と仲よくなっていた。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-tex…

    • 小説『塩狩峠』
    • 人物造形恥ずかしい・照れ
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]321 虎雄は例の黒豆を二つ…………

    虎雄は例の黒豆を二つ並べたような愛らしい目をパチパチさせて、ちょっとはにかんだ。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-t…

カテゴリー

アーカイブ