『果て遠き丘』[ 影法師 ](七)5 牛肉とピーマンのいた……

牛肉とピーマンのいため煮を小皿にとりながら保子がいう。そのきものから出た肉づきのいい腕が、ふっくらとなまめかしい。恵理子は、母の保子の表情が、いつになく若々しいのに、何か痛ましさを感じた。別れた夫に会う女は、はたしてみんなこのような表情になるだろうか。そんな思いが、ふっと心をよぎった。


〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

関連記事

  1. 『塩狩峠』[ 菊人形 ]115 信夫はとっさには父の……

  2. 『果て遠き丘』[ 春の日 ](六)33 「お茶よ、お父さん」……

  3. 『果て遠き丘』[ 影法師 ](三)8 金井は、あれ以来日曜……

  4. 『果て遠き丘』[ 蛙の声 ](八)48 西島は地に足をつけて……

  5. 『塩狩峠』[ 母 ]67 母が、信夫の涙をそっ……

  6. 『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)10 「やっぱり日本人には……

カテゴリー

アーカイブ