別れ・離別・距離感

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
    • 小説『果て遠き丘』
    • 人物造形生活雑貨・日用品服飾・宝飾別れ・離別・距離感性差・ジェンダー差別・偏見・思い込み飲食・食事・料理・食物・食材
    • 旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](七)5 牛肉とピーマンのいた……

    牛肉とピーマンのいため煮を小皿にとりながら保子がいう。そのきものから出た肉づきのいい腕が、ふっくらとなまめかしい。恵…

    • 小説『塩狩峠』
    • 呼称・敬称・通称別れ・離別・距離感街並み・地域・地名
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]372 「俺、えぞへ行くんだ…………

    「俺、えぞへ行くんだ」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『塩狩峠』
    • 別れ・離別・距離感
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]370 「お別れって?」…………

    「お別れって?」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『塩狩峠』
    • 別れ・離別・距離感
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]368 「信夫さん、吉川さん…………

    「信夫さん、吉川さんはお別れに見えたのですよ」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 別れ・離別・距離感回想・過去暦・曜日・月日の経過
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](二)56 保子も、容一の名が出……

    保子も、容一の名が出れば、すぐに顔色を変えるツネの気持ちはのみこんでいる。自分も、容一と別れた当座は、母との生活のほ…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 別れ・離別・距離感共感・同情・憐れみ性差・ジェンダー差別・偏見・思い込み思想・考え方
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](二)53 「いいや、恵理子はま……

    「いいや、恵理子はまだわからないの。女にとって、夫に女ができたってことは、死ぬより辛いことなんだよ。わたしはね、おじ…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 別れ・離別・距離感
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](二)51 「何をいってるの、恵……

    「何をいってるの、恵理子。あんたはね、お母さんがどうして橋宮の家を出たか、わかんないだろう」〈作品本文の凡例〉https:/…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 別れ・離別・距離感
    • 国内旭川北海道豊岡

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](二)38 「そりゃあね、お母さ……

    「そりゃあね、お母さん。橋宮とわたしは切れてますよ。でも、香也子はやっぱりわたしの腹を痛めた子ですからね」〈作品本文…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 別れ・離別・距離感
    • 北海道国内旭川豊岡

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](二)37 「だって、縁が切れて……

    「だって、縁が切れてるじゃないか」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 別れ・離別・距離感
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](二)34 「どうせ、お前とは縁……

    「どうせ、お前とは縁の切れた子だからね」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 別れ・離別・距離感
    • 旭川北海道国内市街

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](十)48 「それでわたし……本……

    「それでわたし……本当はあなたとはぷっつり縁を切ったつもりでしたけど……」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 懐かしい・追憶別れ・離別・距離感共感・同情・憐れみ
    • 旭川北海道国内市街

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](十)44 「夫婦はお互いの意志……

    「夫婦はお互いの意志で別れても、子供たちはそうではありませんものね。恵理子だって、時々あなたを懐かしがっているし、香…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 別れ・離別・距離感思想・考え方
    • 旭川北海道国内市街

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](十)41 「親が別れりゃあ、子……

    「親が別れりゃあ、子供がかわいそうなもんだ」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 別れ・離別・距離感数字・単位・規模
    • 国内旭川北海道市街

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](十)37 ふだん香也子は、保子……

    ふだん香也子は、保子や恵理子の顔など、二度と見たくないといっている。それがこのあいだは、自分たちを無理矢理引き立てて…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 人物造形別れ・離別・距離感
    • 旭川北海道国内市街

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](十)29 「当たり前じゃないか……

    「当たり前じゃないか。女房子供をつれて、別れたお前の前に現れるほど、俺は神経は太くはないよ」〈作品本文の凡例〉https:/…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 別れ・離別・距離感
    • 旭川北海道国内市街

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](十)18 「何で別れたのかね、……

    「何で別れたのかね、わたしたちは」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 職業・生業・仕事嗜好品懐かしい・追憶別れ・離別・距離感性差・ジェンダー飲食・食事・料理・食物・食材回想・過去企業・店・機関数字・単位・規模
    • 旭川北海道国内市街

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](十)9 と、別れた妻を改めて……

    と、別れた妻を改めて吟味するように眺めた。ある種の女にとっては、十年の月日も変化をもたらさないものだ。以前、この部屋…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 別れ・離別・距離感数字・単位・規模
    • 北海道国内旭川市街

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](十)8 「十年か、別れて。………

    「十年か、別れて。……早いもんだね」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 別れ・離別・距離感共感・同情・憐れみ
    • 旭川北海道国内市街

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](九)44 「でも、ごきょうだい……

    「でも、ごきょうだいが、離ればなれになって、ちょっとかわいそうねえ」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 別れ・離別・距離感伝統文化電話・電報・FAX・郵便・メール
    • 旭川北海道国内市街

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](九)40 あの茶席で、香也子が……

    あの茶席で、香也子が何かをしでかしたにちがいないと、容一は覚悟をしている。でもなければ、別れてから十年も経って、急に…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 別れ・離別・距離感
    • 旭川北海道国内市街

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](九)33 「わたしだって、そう……

    「わたしだって、そう思っていたさ。まさかあいつと別れようとはな」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 職業・生業・仕事別れ・離別・距離感ことわざ・慣用句・言い回し・比喩
    • 旭川北海道国内市街

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](九)32 「ほんとうにねえ、何……

    「ほんとうにねえ、何でお二人が別れたのか、はた目も羨むっていうのは、社長さんたちのことだと思いましたがねえ」〈作品本…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 人物造形別れ・離別・距離感性差・ジェンダー数字・単位・規模
    • 旭川北海道国内高砂台

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](九)11 だが、その欠点を除け……

    だが、その欠点を除けば、神経の行き届いた、女らしい女だった。別れるつもりはなくて別れた未練が、十年後のいまも残ってい…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 人物造形別れ・離別・距離感
    • 旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](九)9 間に立ったのは、しっ……

    間に立ったのは、しっかり者の保子の母ツネで、容一は無理矢理別れさせられたような思いだった。〈作品本文の凡例〉https://w…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 人物造形職業・生業・仕事性的関係・性的行為・性的接近別れ・離別・距離感はがき・名刺・カード企業・店・機関電話・電報・FAX・郵便・メール
    • 旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](九)8 正式に保子と別れてか……

    正式に保子と別れてからは、電話はおろか、葉書一枚きたこともない。そこに保子のかたくなさを見せつけられたようで、容一は…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 別れ・離別・距離感
    • 旭川北海道国内旭山

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](八)24 「しかし、別れた女房……

    「しかし、別れた女房の前に、ぞろぞろつれだって現れるほど、俺も無神経じゃないからね。香也子はいったい、どんなつもりで…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 別れ・離別・距離感
    • 北海道国内旭山旭川

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](八)22 二度と目の前に現れて……

    二度と目の前に現れてくれるなと、保子からは厳重にいわれているのだ。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 別れ・離別・距離感
    • 旭川北海道国内旭山

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](七)87 「人間関係って、複雑……

    「人間関係って、複雑ですからねえ。しかも、夫婦別れってのは、微妙でしょうからねえ」〈作品本文の凡例〉https://www.miura…

    • 小説『果て遠き丘』
    • ライフイベント別れ・離別・距離感
    • 旭川北海道国内旭山

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](七)80 「そうよ。でもね、姉……

    「そうよ。でもね、姉と母は、わたしを置いて家を出たのよ」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 別れ・離別・距離感伝統文化動物・植物・生物
    • 旭川北海道国内旭山

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](七)45 茶席を出た香也子は、……

    茶席を出た香也子は、桜の木陰にいる祖母と、母の保子を見出した。保子が笑いかけ、近よろうとした時、香也子はついと視線を…

カテゴリー

アーカイブ