『果て遠き丘』[ 影法師 ](二)56 保子も、容一の名が出……

保子も、容一の名が出れば、すぐに顔色を変えるツネの気持ちはのみこんでいる。自分も、容一と別れた当座は、母との生活のほうが、どんなに幸せだろうと思ったことだった。が、十年の歳月が過ぎてみると、保子は、これでよかったのだろうかという思いを、時折抱くようになった。あの時、もう少し自分が我慢をしていたなら、案外いまごろは、幸せな家庭を築いていたのではないかと思ったりもする。


〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

関連記事

  1. 『果て遠き丘』[ 蛙の声 ](二)10 と思ったりもした。西……

  2. 『果て遠き丘』[ 春の日 ](九)2 保子から、思いがけな……

  3. 『塩狩峠』[ かくれんぼ ]146 信夫と吉川は顔を見合…………

  4. 『果て遠き丘』[ 蛙の声 ](五)51 「ね、おばあちゃん。……

  5. 『果て遠き丘』[ 春の日 ](十)15 保子も容一のコップに……

  6. 『塩狩峠』[ 母 ]46 貞行は深いため息をつ……

カテゴリー

アーカイブ