回想・過去

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
    • 小説『果て遠き丘』
    • 回想・過去伝統文化暦・曜日・月日の経過
    • 国内旭川北海道豊岡

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](六)15 たった一人の妹の名を……

    たった一人の妹の名を、恵理子はそっと呼んでみる。あの青年と並んで、ぎこちなく茶席についていた香也子が、たまらなく愛し…

    • 小説『果て遠き丘』
    • しつけ・子育て音楽・楽曲・楽器回想・過去伝統文化河川・湖沼電話・電報・FAX・郵便・メール
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](六)10 と、ツネはにべもなく……

    と、ツネはにべもなく受話器を置いてしまう。祖母のツネにとっては、恵理子かわいさの思いですることだろうが、いつしか恵理…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 職業・生業・仕事生活雑貨・日用品服飾・宝飾インテリア・間取り・家電・什器感情が高まる音楽・楽曲・楽器回想・過去伝統文化季節・時期・気候河川・湖沼景色・風景・眺望暦・曜日・月日の経過
    • 国内旭川北海道豊岡

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](六)5 若葉となったポプラの……

    若葉となったポプラの木立越しに向こう岸を見た恵理子は、淡い失望を感じて再びミシンの前にすわった。スーツの裾をまつりな…

    • 『氷点』小説
    • インテリア・間取り・家電・什器回想・過去数字・単位・規模暦・曜日・月日の経過
    • 旭川北海道国内神楽

    『氷点』[ 敵 ]42 今、ドアの前に立って…………

    今、ドアの前に立っている村井の後ろ姿を見ながら、一カ月ほど前の、その村井の言葉を夏枝は思い出していた。〈作品本文の凡…

    • 『氷点』小説
    • 感情が高まる回想・過去
    • 国内旭川北海道

    『氷点』[ 敵 ]41 村井の慕情の激しさに…………

    村井の慕情の激しさに、夏枝は感動した。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 『氷点』小説
    • 嫉妬・妬み・ヤキモチ・ライバル心回想・過去
    • 旭川北海道国内

    『氷点』[ 敵 ]40 「奥さんは、子供なん…………

    「奥さんは、子供なんて産んでほしくなかった」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『氷点』
    • 狂気・異常回想・過去
    • 旭川北海道国内

    『氷点』[ 敵 ]39 「まあ! 呪うなんて…………

    「まあ! 呪うなんて……そんな……」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 『氷点』小説
    • 人物造形狂気・異常回想・過去
    • 旭川北海道国内

    『氷点』[ 敵 ]38 「でも奥さんの子はき…………

    「でも奥さんの子はきらいだな。きらいというより呪いたい存在と言いますかね」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.co…

    • 『氷点』小説
    • 人物造形回想・過去
    • 旭川北海道国内

    『氷点』[ 敵 ]37 村井はちょっと皮肉に…………

    村井はちょっと皮肉に唇をゆがめた。冷たい、ニヒリスチックな表情であった。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/…

    • 『氷点』小説
    • 回想・過去
    • 旭川北海道国内

    『氷点』[ 敵 ]36 「子供がきらいという…………

    「子供がきらいというんでは、ないのですが……」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『氷点』
    • 回想・過去
    • 旭川北海道国内

    『氷点』[ 敵 ]35 ある時、夏枝が言った…………

    ある時、夏枝が言った。啓造がちょうどその場を、何かの用ではずした時だった。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.co…

    • 『氷点』小説
    • 人物造形回想・過去
    • 旭川北海道国内

    『氷点』[ 敵 ]34 「村井さんは、子供が…………

    「村井さんは、子供がおきらいらしいですわね」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 『氷点』小説
    • 人物造形回想・過去
    • 国内旭川北海道神楽

    『氷点』[ 敵 ]33 それから村井は、時々…………

    それから村井は、時々辻口家を訪ねるようになった。しかし辻口家の幼い徹とルリ子に対しては、あまり言葉をかけなかった。〈…

    • 『氷点』小説
    • 人物造形回想・過去職場・仕事場・作業場
    • 旭川北海道国内

    『氷点』[ 敵 ]32 子供っぽい言い方がか…………

    子供っぽい言い方がかわいいと思った。夏枝は、つつましく目をふせると、村井の手をそっとはずして暗室を出た。〈作品本文の…

    • 小説『氷点』
    • 誘惑・誘い・気を引く回想・過去
    • 旭川北海道国内

    『氷点』[ 敵 ]31 「行かないでください…………

    「行かないでください」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『氷点』
    • 性的関係・性的行為・性的接近誘惑・誘い・気を引く回想・過去
    • 旭川北海道国内

    『氷点』[ 敵 ]30 立ち上る夏枝の手を村…………

    立ち上る夏枝の手を村井がつかんだ。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 『氷点』小説
    • 回想・過去
    • 旭川北海道国内

    『氷点』[ 敵 ]29 「ありがとうございま…………

    「ありがとうございました」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 『氷点』小説
    • 誘惑・誘い・気を引く医療・治療・救急回想・過去
    • 北海道国内旭川

    『氷点』[ 敵 ]28 終わると村井は、食い…………

    終わると村井は、食い入るように夏枝をみつめた。その真剣な目のいろに、夏枝はたじろいだ。同時に、胸の中にキュッと押しこ…

    • 『氷点』小説
    • インテリア・間取り・家電・什器性的関係・性的行為・性的接近誘惑・誘い・気を引く医療・治療・救急回想・過去職場・仕事場・作業場時間・時刻・時間帯
    • 旭川北海道国内

    『氷点』[ 敵 ]27 暗室はせまかった。向…………

    暗室はせまかった。向き合って椅子に座っている二人の膝が触れた。診る必要はなかった。だが彼は、ゆっくりと時間をかけて診…

    • 『氷点』小説
    • 回想・過去
    • 旭川北海道国内

    『氷点』[ 敵 ]26 少し声がかすれた。…………

    少し声がかすれた。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『氷点』
    • 医療・治療・救急回想・過去職場・仕事場・作業場
    • 旭川北海道国内

    『氷点』[ 敵 ]25 「もう一度、暗室でよ…………

    「もう一度、暗室でよく診なければ……」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『氷点』
    • 誘惑・誘い・気を引く回想・過去
    • 旭川北海道国内

    『氷点』[ 敵 ]24 ある日、夏枝がたずね…………

    ある日、夏枝がたずねると、村井は哀願するようなまなざしをした。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 『氷点』小説
    • 回想・過去
    • 国内旭川北海道

    『氷点』[ 敵 ]23 「もうよろしゅうござ…………

    「もうよろしゅうございますか」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 『氷点』小説
    • 誘惑・誘い・気を引く医療・治療・救急回想・過去暦・曜日・月日の経過
    • 国内旭川北海道

    『氷点』[ 敵 ]22 それから半月ほど、夏…………

    それから半月ほど、夏枝は通院した。彼女の目がかなりよくなって、治療の必要がなくなっても、村井はだまって洗眼した。〈作…

    • 『氷点』小説
    • 性的関係・性的行為・性的接近誘惑・誘い・気を引く医療・治療・救急回想・過去
    • 北海道国内旭川

    『氷点』[ 敵 ]21 眼帯をかけて片目にな…………

    眼帯をかけて片目になった夏枝は、遠近が定まらなかった。定まらないままに、彼女はじっとゴミをみつめていた。二人の頬を寄…

    • 小説『氷点』
    • 医療・治療・救急回想・過去
    • 旭川北海道国内

    『氷点』[ 敵 ]20 「まあ、こんなに小さ…………

    「まあ、こんなに小さいんですの。あんまり痛いものですから、どんな大きなゴミかと思いましたわ」〈作品本文の凡例〉https:/…

    • 小説『氷点』
    • 生活雑貨・日用品医療・治療・救急回想・過去
    • 旭川北海道国内

    『氷点』[ 敵 ]19 村井は白いちり紙に、…………

    村井は白いちり紙に、ピンセットをなすりつけるようにして炭塵を移した。それを見る二人の頬がふれ合わんばかりに近いのを、…

    • 『氷点』小説
    • 医療・治療・救急回想・過去
    • 旭川北海道国内

    『氷点』[ 敵 ]18 「これなら、見えます…………

    「これなら、見えますでしょう」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 『氷点』小説
    • 誘惑・誘い・気を引く医療・治療・救急回想・過去職場・仕事場・作業場
    • 旭川北海道国内

    『氷点』[ 敵 ]17 手術台の上に片手をつ…………

    手術台の上に片手をついた姿勢で、夏枝は小首をかしげて微笑した。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 『氷点』小説
    • 回想・過去
    • 旭川北海道国内

    『氷点』[ 敵 ]16 「見えませんわ。あま…………

    「見えませんわ。あまり小さくて」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

カテゴリー

アーカイブ