『果て遠き丘』[ 影法師 ](六)10 と、ツネはにべもなく……

と、ツネはにべもなく受話器を置いてしまう。祖母のツネにとっては、恵理子かわいさの思いですることだろうが、いつしか恵理子は、男性に近づくことも憚られるような思いにさせられていた。だから、向こう岸に現れた、ギターをかき鳴らすあの青年が、野点の席にきた時の喜びは、恵理子でなければわからない喜びだった。


〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

関連記事

  1. 『果て遠き丘』[ 春の日 ](八)27 章子は黙ってうなずい……

  2. 『果て遠き丘』[ 蛙の声 ](八)24 と妖しく目を光らせた……

  3. 『果て遠き丘』[ 春の日 ](八)5 「駄目?」……

  4. 『果て遠き丘』[ 春の日 ](六)65 (とんだ鉢合わせだ)……

  5. 『塩狩峠』[ かくれんぼ ]77 信夫はふっとそう思っ……

  6. 『氷点』[ 敵 ]39 「まあ! 呪うなんて…………

カテゴリー

アーカイブ