『果て遠き丘』[ 影法師 ](二)53 「いいや、恵理子はま……

「いいや、恵理子はまだわからないの。女にとって、夫に女ができたってことは、死ぬより辛いことなんだよ。わたしはね、おじいちゃんでこりごりしたんだから。男の浮気なんて、一生なおりゃしない。おじいちゃんで、それがよくわかったから、わかれさせたのよ。保子は、わたしといれば、食べるのに困るわけはなし、亭主で苦労することはなし、幸せなもんじゃないか」


〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

関連記事

  1. 『果て遠き丘』[ 春の日 ](九)25 「その香也子のことで……

  2. 『果て遠き丘』[ 影法師 ](八)40 機嫌の一変した香也子……

  3. 『塩狩峠』[ 菊人形 ]17 「おめでたくなんかな……

  4. 『果て遠き丘』[ 影法師 ](七)59 容一は立ちあがった。……

  5. 『果て遠き丘』[ 影法師 ](七)17 「わたし、あまり得意……

  6. 『果て遠き丘』[ 影法師 ](七)56 女らしい歩き方で去っ……

カテゴリー

アーカイブ