服飾・宝飾

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
    • 小説『果て遠き丘』
    • 人物造形生活雑貨・日用品服飾・宝飾別れ・離別・距離感性差・ジェンダー差別・偏見・思い込み飲食・食事・料理・食物・食材
    • 国内旭川北海道

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](七)5 牛肉とピーマンのいた……

    牛肉とピーマンのいため煮を小皿にとりながら保子がいう。そのきものから出た肉づきのいい腕が、ふっくらとなまめかしい。恵…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 服飾・宝飾街並み・地域・地名暦・曜日・月日の経過
    • 国内旭川北海道豊岡

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](六)32 「いつかねえ、旭山で……

    「いつかねえ、旭山で恵理子のきもの姿を見たよ。いい娘になったね」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 人物造形職業・生業・仕事服飾・宝飾暦・曜日・月日の経過
    • 国内旭川北海道豊岡

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](六)11 と恵理子は器用に、スー……

    恵理子は器用に、スーツの裾をまつっていく。驚くほどの早さであり、驚くほどのうまさである。グリーンのこのスーツの主は、…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 職業・生業・仕事生活雑貨・日用品服飾・宝飾インテリア・間取り・家電・什器感情が高まる音楽・楽曲・楽器回想・過去伝統文化季節・時期・気候河川・湖沼景色・風景・眺望暦・曜日・月日の経過
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](六)5 若葉となったポプラの……

    若葉となったポプラの木立越しに向こう岸を見た恵理子は、淡い失望を感じて再びミシンの前にすわった。スーツの裾をまつりな…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 職業・生業・仕事服飾・宝飾エクステリアインテリア・間取り・家電・什器動物・植物・生物
    • 北海道国内旭川豊岡

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](六)2 恵理子は、頼まれたス……

    恵理子は、頼まれたスーツの裾をまつっている。あるとも見えない風に乗って、タンポポの穂絮が窓からはいってきて、そのまつ…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 服飾・宝飾風習・慣習・習わし年中行事・風物詩・祭り季節・時期・気候
    • 旭川北海道国内高砂台

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](五)21 「いいわね、お彼岸の……

    「いいわね、お彼岸のころだと、章子さんも何を着てもいいころだもの」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 『氷点』小説
    • 人物造形年齢・学年服飾・宝飾
    • 国内旭川北海道神楽

    『氷点』[ 敵 ]9 そう思いながら、夏枝…………

    そう思いながら、夏枝は背を向けたまま立っている村井の、長身の白い背広姿を見上げて微笑した。つつましやかな、整った夏枝…

    • 『氷点』小説
    • 人物造形服飾・宝飾性差・ジェンダー
    • 北海道国内旭川神楽

    『氷点』[ 敵 ]7 夏枝は思わず目を上げ…………

    夏枝は思わず目を上げた。つややかな瞳に、長いまつげが影を落としている。とおった鼻筋に気品があった。紺地の浴衣に、雪国…

    • 小説『塩狩峠』
    • 人物造形服飾・宝飾障がい
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]350 こっくりうなずいて、…………

    こっくりうなずいて、ふじ子は信夫のそばによった。ふじ子の着物の裾から、悪い方の足が少し前に出ていた。かぼそい足だった…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 服飾・宝飾嗜好品
    • 旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](四)16 黙って金井は、ポケッ……

    黙って金井は、ポケットからタバコを出した。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『塩狩峠』
    • 人物造形家事・DIY服飾・宝飾エクステリアインテリア・間取り・家電・什器
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]246 吉川の家は部屋の隅に…………

    吉川の家は部屋の隅にまで、なめたように掃除がしてある。玄関の下駄も飾ってあるように、きちんとぬいであって、決して乱れ…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 服飾・宝飾
    • 国内旭川北海道高砂台

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](三)12 金井は時計を見た。……

    金井は時計を見た。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 服飾・宝飾回想・過去伝統文化
    • 北海道国内旭川豊岡

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](二)47 「いいのよ、お茶をし……

    「いいのよ、お茶をしてると、指輪は邪魔なの。茶器に傷をつけるから」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 服飾・宝飾回想・過去企業・店・機関
    • 北海道国内旭川豊岡

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](二)45 菊天で容一に会った時……

    菊天で容一に会った時、容一は保子の指に指輪のないのを見ていった。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 家事・DIY生活雑貨・日用品服飾・宝飾インテリア・間取り・家電・什器
    • 北海道国内旭川豊岡

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](二)22 恵理子は畳にすわる。……

    恵理子は畳にすわる。たたみ終わったツネのきものをタンスにいれながら保子がいう。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-tex…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 生活雑貨・日用品服飾・宝飾インテリア・間取り・家電・什器推し・お気に入り・好き人物名
    • 国内旭川北海道豊岡

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](二)6 きものを着替えて、文……

    きものを着替えて、文机の上においた小さな風呂敷包をあごで示す。その傍に、長谷川一夫のブロマイドがニッコリと笑っている…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 職業・生業・仕事家事・DIY服飾・宝飾
    • 国内旭川北海道豊岡

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](二)1 出稽古から帰ってきた……

    出稽古から帰ってきたツネのきものを、保子はたたみながら、〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 服飾・宝飾嗜好品インテリア・間取り・家電・什器
    • 北海道国内旭川高砂台

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](一)16 立って行って、香也子……

    立って行って、香也子はドアを開けた。紺のウールのきものを着流した容一が、パイプをくわえたままはいってきた。〈作品本文…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 生活雑貨・日用品服飾・宝飾化粧・香料・ウィッグインテリア・間取り・家電・什器絵画・イラスト・模様人物名動物・植物・生物数字・単位・規模時間・時刻・時間帯
    • 旭川北海道国内高砂台

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](一)2 もう十時だというのに……

    もう十時だというのに、香也子はネグリジェのまま、一時間も前から三面鏡に向かって化粧していた。部屋の片隅のベッドが、三…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 服飾・宝飾
    • 旭川北海道国内市街

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](十)75 「何か指輪を上げよう……

    「何か指輪を上げようかね、あんたにも」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 服飾・宝飾嗜好品飲食・食事・料理・食物・食材
    • 旭川北海道国内市街

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](十)74 ホッとしたように、保子……

    ホッとしたように、保子は残りのビールをあおる。その指に、何の指輪もないのを見た容一は、〈作品本文の凡例〉https://www.m…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 人物造形服飾・宝飾髪・髭・襟足
    • 国内旭川北海道市街

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](十)27 藍色の着物の襟に、形……

    藍色の着物の襟に、形のいいあごをつけ、保子はちょっと考えるふうだったが、〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 人物造形家事・DIY生活雑貨・日用品服飾・宝飾インテリア・間取り・家電・什器ライフイベント回想・過去
    • 旭川北海道国内高砂台

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](九)15 保子に逃げられたくや……

    保子に逃げられたくやしさもあって、容一は、保子の出たあとすぐに扶代を家にいれたのだが、まもなくその扶代にも、気にいら…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 服飾・宝飾
    • 国内旭川北海道高砂台

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](九)14 などと、容一をたしな……

    などと、容一をたしなめたことは一度もなかった。うがいをしなくても、手を洗わなくても、靴下をすぐに脱がなくても、そんな…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 人物造形生活雑貨・日用品服飾・宝飾怪我・病気・症状
    • 国内旭川北海道高砂台

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](九)10 容一が保子の潔癖性に……

    容一が保子の潔癖性に手を焼いたのは事実だった。外から帰ると、すぐに靴下を脱がなければ、保子はチフス菌でも運んできたよ…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 服飾・宝飾嗜好品
    • 国内旭山旭川北海道

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](八)15 容一はポケットからタ……

    容一はポケットからタバコを出して、〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 年齢・学年服飾・宝飾
    • 旭川北海道国内旭山

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](六)69 容一はあわてた。香也……

    容一はあわてた。香也子は父の手をふり払って、ふくさをつけている和服姿の中年の女にいった。〈作品本文の凡例〉https://www…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 服飾・宝飾
    • 旭川北海道国内旭山

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](六)64 あわてて容一は香也子……

    あわてて容一は香也子の手をひいた。気づくと、ツネも保子も赤いふくさを帯じめにはさんで、弟子らしい娘たちと談笑している…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 年齢・学年服飾・宝飾回想・過去数字・単位・規模
    • 旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](六)59 容一は、恵理子の高校……

    容一は、恵理子の高校の卒業式に扶代にかくれて出席した。そのとき、僅か二、三分だったが、容一は恵理子と言葉をかわした。…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 服飾・宝飾髪・髭・襟足伝統文化
    • 旭川北海道国内旭山

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](六)58 父の体がぴくっと動い……

    父の体がぴくっと動いたのを、香也子は手に感じとった。それまで容一は、茶を飲んでいる客たちをぼんやりと眺めていた。盛り…

カテゴリー

アーカイブ