『果て遠き丘』[ 春の日 ](六)58 父の体がぴくっと動い……

父の体がぴくっと動いたのを、香也子は手に感じとった。それまで容一は、茶を飲んでいる客たちをぼんやりと眺めていた。盛りあがるような膝をむき出しにしたミニスカートの娘や、長髪の若者が、かしこまってすわっているのが容一にはおもしろかったのだ。香也子にいわれて、容一ははじめて恵理子に気づいた。恵理子の顔が、容一の場所から斜めに見えた。


〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

関連記事

  1. 『果て遠き丘』[ 蔓バラ ](三)23 約束の時間より十分ほ……

  2. 『果て遠き丘』[ 春の日 ](四)52 「は、ありがとうござ……

  3. 『果て遠き丘』[ 春の日 ](二)34 とりなすようにいう……

  4. 『果て遠き丘』[ 蔓バラ ](五)52 「ああいい気持ち」……

  5. 『果て遠き丘』[ 春の日 ](十)38 実はそのあたりが、ふ……

  6. 『果て遠き丘』[ 蛙の声 ](四)70 「会ったわ。それがど……

カテゴリー

アーカイブ