『果て遠き丘』[ 春の日 ](九)15 保子に逃げられたくや……

保子に逃げられたくやしさもあって、容一は、保子の出たあとすぐに扶代を家にいれたのだが、まもなくその扶代にも、気にいらないところが見えてきた。同じ靴下を何日はいていても、扶代は替えてくれようとはしなかったし、床の間の花がとうにしおれていても、気づかないこともあった。風の日など、廊下がザラザラと埃っぽくなっていても、扶代はいっこうに気をつかわなかった。すると妙なことに、容一のほうで、扶代のすることが気になりだしたのだ。


〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

関連記事

  1. 『果て遠き丘』[ 影法師 ](九)3 「香也子さん、パウン……

  2. 『塩狩峠』[ かくれんぼ ]130 「おにいさま、お友だ…………

  3. 『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)5 保子の機嫌は、べつに……

  4. 『塩狩峠』[ 桜の下 ]172 信夫は不満そうに口を……

  5. 『塩狩峠』[ 菊人形 ]77 「さあ、行きなさい。……

  6. 『塩狩峠』[ かくれんぼ ]83 菊は待子に微笑を向け……

カテゴリー

アーカイブ