生活雑貨・日用品

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
    • 小説『果て遠き丘』
    • 人物造形生活雑貨・日用品服飾・宝飾別れ・離別・距離感性差・ジェンダー差別・偏見・思い込み飲食・食事・料理・食物・食材
    • 旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](七)5 牛肉とピーマンのいた……

    牛肉とピーマンのいため煮を小皿にとりながら保子がいう。そのきものから出た肉づきのいい腕が、ふっくらとなまめかしい。恵…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 職業・生業・仕事生活雑貨・日用品インテリア・間取り・家電・什器
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](六)18 と呼ぶ、母の保子の声……

    と呼ぶ、母の保子の声がした。恵理子は針を針さしに刺して、部屋を出た。下に降り、〈作品本文の凡例〉https://www.miura-tex…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 生活雑貨・日用品河川・湖沼時間・時刻・時間帯
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](六)16 ふっと恵理子は時計を……

    ふっと恵理子は時計を見た。もう十二時半だ。川向こうを見る。やはり青年はきていない。と、その時、〈作品本文の凡例〉https…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 人物造形職業・生業・仕事生活雑貨・日用品ライフイベント人生・生涯並ぶ・寄り添う理念・信念・理想
    • 北海道国内旭川豊岡

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](六)13 恵理子は痛切にそう思……

    恵理子は痛切にそう思う。決して、母や祖母のような結婚生活になってほしくないと思う。恵理子は人から頼まれたものを縫う時…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 職業・生業・仕事生活雑貨・日用品服飾・宝飾インテリア・間取り・家電・什器感情が高まる音楽・楽曲・楽器回想・過去伝統文化季節・時期・気候河川・湖沼景色・風景・眺望暦・曜日・月日の経過
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](六)5 若葉となったポプラの……

    若葉となったポプラの木立越しに向こう岸を見た恵理子は、淡い失望を感じて再びミシンの前にすわった。スーツの裾をまつりな…

    • 小説『氷点』
    • 生活雑貨・日用品医療・治療・救急回想・過去
    • 旭川北海道国内

    『氷点』[ 敵 ]19 村井は白いちり紙に、…………

    村井は白いちり紙に、ピンセットをなすりつけるようにして炭塵を移した。それを見る二人の頬がふれ合わんばかりに近いのを、…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 生活雑貨・日用品飲食・食事・料理・食物・食材
    • 旭川北海道国内高砂台

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](五)28 と、酢ブタに箸をのば……

    と、酢ブタに箸をのばす。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 人物造形生活雑貨・日用品飲食・食事・料理・食物・食材
    • 旭川北海道国内高砂台

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](五)18 金井は緊張した顔で箸……

    金井は緊張した顔で箸をおいた。扶代はいつものように、のんびりした調子でジュースを注いでやる。〈作品本文の凡例〉https:/…

    • 『氷点』小説
    • 生活雑貨・日用品医療・治療・救急回想・過去
    • 旭川北海道国内

    『氷点』[ 敵 ]15 村井は夏枝に、ピンセ…………

    村井は夏枝に、ピンセットの先の小さな炭塵を見せた。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『塩狩峠』
    • 生活雑貨・日用品遊び・玩具音楽・楽曲・楽器動物・植物・生物
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]315 帰ってくると、待子と…………

    帰ってくると、待子とふじ子の歌声が聞こえた。二人はいつものように、八つ手の下にむしろを敷いて坐っている。その横に男の…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 生活雑貨・日用品乗り物・交通
    • 旭川北海道国内高砂台

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](三)16 傘をすぼめ、香也子は……

    傘をすぼめ、香也子はすばやく助手台のドアをあけた。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 人物造形年齢・学年生活雑貨・日用品天気・気象
    • 旭川北海道国内高砂台

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](三)6 こんな道を歩く時の香也……

    こんな道を歩く時の香也子は、四、五歳の童女のような表情だ。何の邪気もない顔だ。香也子はくるりくるりと、両手でこうもり…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 生活雑貨・日用品エクステリアペット・家畜動物・植物・生物
    • 北海道国内旭川高砂台

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](三)1 青地に白の、水玉模様……

    青地に白の、水玉模様のこうもり傘をさして、香也子は小雨の外に出た。庭の牡丹がアララギの陰に華やかに咲いている。しっと…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 生活雑貨・日用品
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](二)35 水のはいったコップを……

    水のはいったコップを祖母の前においた恵理子は、母と祖母の顔を交互に見る。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 家事・DIY生活雑貨・日用品服飾・宝飾インテリア・間取り・家電・什器
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](二)22 恵理子は畳にすわる。……

    恵理子は畳にすわる。たたみ終わったツネのきものをタンスにいれながら保子がいう。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-tex…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 家事・DIY生活雑貨・日用品インテリア・間取り・家電・什器飲食・食事・料理・食物・食材
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](二)11 保子はビニール袋には……

    保子はビニール袋にはいった筋子を冷蔵庫にいれながら、話の腰を折られたような気がした。〈作品本文の凡例〉https://www.miu…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 生活雑貨・日用品服飾・宝飾インテリア・間取り・家電・什器推し・お気に入り・好き人物名
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](二)6 きものを着替えて、文……

    きものを着替えて、文机の上においた小さな風呂敷包をあごで示す。その傍に、長谷川一夫のブロマイドがニッコリと笑っている…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 生活雑貨・日用品
    • 旭川北海道国内高砂台

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](一)67 探るように鏡の中から……

    探るように鏡の中から容一を見、〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 生活雑貨・日用品インテリア・間取り・家電・什器
    • 旭川北海道国内高砂台

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](一)51 いやという言葉に、香也……

    いやという言葉に、香也子は強いアクセントを置いた。容一は鏡の中の香也子に、ちょっと目をとめたが、〈作品本文の凡例〉htt…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 職業・生業・仕事生活雑貨・日用品化粧・香料・ウィッグインテリア・間取り・家電・什器勉強・学習・試験音楽・楽曲・楽器暦・曜日・月日の経過
    • 旭川北海道国内高砂台

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](一)23 勤めをもたない香也子……

    勤めをもたない香也子は、時々曜日がわからなくなる。それでも、水曜日と金曜日のピアノの練習日だけは覚えているからふしぎ…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 人物造形生活雑貨・日用品思想・考え方
    • 旭川北海道国内高砂台

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](一)12 と、尋ねる言葉だった……

    と、尋ねる言葉だった。香也子もそんな思いで、いつも自分の顔を鏡に見ているのだ。他人に素顔を見せるくらいなら死にたいほ…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 生活雑貨・日用品インテリア・間取り・家電・什器ことわざ・慣用句・言い回し・比喩昔話・民話・おとぎ話・神話
    • 旭川北海道国内高砂台

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](一)11 「鏡や、鏡や、世界の……

    「鏡や、鏡や、世界のうちでいちばん美しいのは誰?」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 生活雑貨・日用品化粧・香料・ウィッグインテリア・間取り・家電・什器回想・過去昔話・民話・おとぎ話・神話
    • 旭川北海道国内高砂台

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](一)10 咎める声だ。化粧を落……

    咎める声だ。化粧を落とした顔を扶代や章子には見せたくないのだ。香也子は、幼い時に聞いた白雪姫の話の中で、もっとも心を…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 人物造形生活雑貨・日用品化粧・香料・ウィッグインテリア・間取り・家電・什器行儀・モラル・所作・礼儀
    • 北海道国内旭川高砂台

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](一)8 クレンジングクリーム……

    クレンジングクリームをガーゼでぬぐい、化粧水をふくませた脱脂綿でごしごし拭いている時、ドアをノックする音が聞こえた。…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 人物造形生活雑貨・日用品化粧・香料・ウィッグインテリア・間取り・家電・什器嫉妬・妬み・ヤキモチ・ライバル心
    • 国内旭川北海道高砂台

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](一)7 あれ以来香也子は、鏡……

    あれ以来香也子は、鏡に向かうたびに、恵理子の顔と見くらべるような思いで化粧してきた。が、そのたびに苦い敗北感を味わう…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 生活雑貨・日用品化粧・香料・ウィッグ
    • 北海道国内旭川高砂台

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](一)5 香也子は、化粧の仕上……

    香也子は、化粧の仕上がった顔を、さっきから鏡に近づけたり離したりして、眺めている。が、どうも気にいらない。眉はもっと…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 人物造形生活雑貨・日用品インテリア・間取り・家電・什器嫉妬・妬み・ヤキモチ・ライバル心彫刻・人形動物・植物・生物数字・単位・規模
    • 旭川北海道国内高砂台

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](一)4 三面の左の一枚には、……

    三面の左の一枚には、犬、猫、熊などが人形棚にひしめいている。その他、馬や、鹿、ペンギンなど、人をかたどった人形はひと…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 生活雑貨・日用品服飾・宝飾化粧・香料・ウィッグインテリア・間取り・家電・什器絵画・イラスト・模様人物名動物・植物・生物数字・単位・規模時間・時刻・時間帯
    • 旭川北海道国内高砂台

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](一)2 もう十時だというのに……

    もう十時だというのに、香也子はネグリジェのまま、一時間も前から三面鏡に向かって化粧していた。部屋の片隅のベッドが、三…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 生活雑貨・日用品嗜好品行儀・モラル・所作・礼儀
    • 旭川北海道国内市街

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](十)17 ちょっとコップをあげ……

    ちょっとコップをあげて容一がいい、保子もコップをあげた。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 生活雑貨・日用品嗜好品
    • 旭川北海道国内市街

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](十)15 保子も容一のコップに……

    保子も容一のコップに注ぐ。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

カテゴリー

アーカイブ