『果て遠き丘』[ 影法師 ](一)23 勤めをもたない香也子……

勤めをもたない香也子は、時々曜日がわからなくなる。それでも、水曜日と金曜日のピアノの練習日だけは覚えているからふしぎだ。香也子は父にはかまわず、すぐにまた鏡に向かって乳液をつけはじめた。


〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

関連記事

  1. 『果て遠き丘』[ 蛙の声 ](八)17 「まあ! そんなこと……

  2. 『果て遠き丘』[ 春の日 ](九)12 むろん、いまの妻扶代……

  3. 『塩狩峠』[ かくれんぼ ]186 「おれたちは、男だな…………

  4. 『果て遠き丘』[ 蛙の声 ](四)55 ひどく乾いた語調だっ……

  5. 『塩狩峠』[ かくれんぼ ]249 「あてたら、そのいい…………

  6. 『果て遠き丘』[ 影法師 ](八)79 「わあ、西島さんって……

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP