職業・生業・仕事

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
    • 小説『果て遠き丘』
    • 人物造形職業・生業・仕事
    • 旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](七)9 「お手伝いの絹子だ。……

    「お手伝いの絹子だ。あれは料理の上手な娘でね」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 職業・生業・仕事電話・電報・FAX・郵便・メール暦・曜日・月日の経過
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](六)22 と、保子は意味ありげ……

    と、保子は意味ありげに笑った。今日は木曜日で、ツネの出稽古の日だ。何となく、恵理子は青年の顔を思い浮かべて、受話器を…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 職業・生業・仕事生活雑貨・日用品インテリア・間取り・家電・什器
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](六)18 と呼ぶ、母の保子の声……

    と呼ぶ、母の保子の声がした。恵理子は針を針さしに刺して、部屋を出た。下に降り、〈作品本文の凡例〉https://www.miura-tex…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 人物造形職業・生業・仕事生活雑貨・日用品ライフイベント人生・生涯並ぶ・寄り添う理念・信念・理想
    • 国内旭川北海道豊岡

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](六)13 恵理子は痛切にそう思……

    恵理子は痛切にそう思う。決して、母や祖母のような結婚生活になってほしくないと思う。恵理子は人から頼まれたものを縫う時…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 人物造形職業・生業・仕事服飾・宝飾暦・曜日・月日の経過
    • 国内旭川北海道豊岡

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](六)11 と恵理子は器用に、スー……

    恵理子は器用に、スーツの裾をまつっていく。驚くほどの早さであり、驚くほどのうまさである。グリーンのこのスーツの主は、…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 職業・生業・仕事伝統文化
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](六)6 いつも家の中で洋裁を……

    いつも家の中で洋裁をするか、祖母のお茶の稽古の手伝いをするだけの恵理子の生活は、ほとんど異性に接する機会のない生活だ…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 職業・生業・仕事生活雑貨・日用品服飾・宝飾インテリア・間取り・家電・什器感情が高まる音楽・楽曲・楽器回想・過去伝統文化季節・時期・気候河川・湖沼景色・風景・眺望暦・曜日・月日の経過
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](六)5 若葉となったポプラの……

    若葉となったポプラの木立越しに向こう岸を見た恵理子は、淡い失望を感じて再びミシンの前にすわった。スーツの裾をまつりな…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 職業・生業・仕事服飾・宝飾エクステリアインテリア・間取り・家電・什器動物・植物・生物
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](六)2 恵理子は、頼まれたス……

    恵理子は、頼まれたスーツの裾をまつっている。あるとも見えない風に乗って、タンポポの穂絮が窓からはいってきて、そのまつ…

    • 『氷点』小説
    • 職業・生業・仕事怪我・病気・症状医療・治療・救急回想・過去職場・仕事場・作業場
    • 北海道国内旭川

    『氷点』[ 敵 ]13 その夏枝が彼の患者と…………

    その夏枝が彼の患者となったのである。手術台の上の、夏枝の角膜につきささっている微細な炭塵をとりのぞき、眼帯をかけ終わ…

    • 『氷点』小説
    • 職業・生業・仕事インテリア・間取り・家電・什器季節・時期・気候
    • 旭川北海道国内神楽

    『氷点』[ 敵 ]4 辻口家の応接室に、辻…………

    辻口家の応接室に、辻口啓造の妻、夏枝と、辻口病院の眼科医村井靖夫が、先ほどから沈黙のまま、向かい合って椅子に座ってい…

    • 小説『塩狩峠』
    • 職業・生業・仕事懐かしい・追憶遊び・玩具回想・過去
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]319 信夫はなつかしそうに…………

    信夫はなつかしそうに叫んだ。祖母のトセが生きていたころ、小間物屋の六さんに連れられて、いつも遊びに来ていた虎雄だった…

    • 小説『塩狩峠』
    • 職業・生業・仕事
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]307 「お坊さまなら、うそ…………

    「お坊さまなら、うそをつかないだろうな」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『塩狩峠』
    • 職業・生業・仕事人生・生涯
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]306 「お坊さまはあるって…………

    「お坊さまはあるっていうよ」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『塩狩峠』
    • 職業・生業・仕事
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]218 「じゃ、ほんとうにお…………

    「じゃ、ほんとうにお坊さまになるのか、永野」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『塩狩峠』
    • 職業・生業・仕事祈祷・儀式
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]215 「だから、ぼくもお坊…………

    「だから、ぼくもお坊さまになって、おばあさまにお経をあげようと思ったのだよ」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 職業・生業・仕事家事・DIY服飾・宝飾
    • 北海道国内旭川豊岡

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](二)1 出稽古から帰ってきた……

    出稽古から帰ってきたツネのきものを、保子はたたみながら、〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 職業・生業・仕事嫉妬・妬み・ヤキモチ・ライバル心差別・偏見・思い込み言いがかり・難癖
    • 国内旭川北海道高砂台

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](一)60 「ね、お父さん、あの……

    「ね、お父さん、あの金井って英語の先生、どうかしてるわねえ。章子さんなんかのどこがいいのかしら」〈作品本文の凡例〉htt…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 職業・生業・仕事勉強・学習・試験企業・店・機関暦・曜日・月日の経過
    • 国内旭川北海道高砂台

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](一)44 今年の三月まで、章子……

    今年の三月まで、章子は会計事務所に勤めていた。が、三月で辞めたのは、英語塾の金井政夫との仲が、急速に進んだためである…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 職業・生業・仕事生活雑貨・日用品化粧・香料・ウィッグインテリア・間取り・家電・什器勉強・学習・試験音楽・楽曲・楽器暦・曜日・月日の経過
    • 旭川北海道国内高砂台

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](一)23 勤めをもたない香也子……

    勤めをもたない香也子は、時々曜日がわからなくなる。それでも、水曜日と金曜日のピアノの練習日だけは覚えているからふしぎ…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 人物造形職業・生業・仕事飲食・食事・料理・食物・食材
    • 旭川北海道国内市街

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](十)32 天ぷらが運ばれてきた……

    天ぷらが運ばれてきた。えび、なす、ねぎ、ピーマン、椎茸と、おかみは保子の好きなものを記憶していて出してくれた。〈作品…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 職業・生業・仕事嗜好品懐かしい・追憶別れ・離別・距離感性差・ジェンダー飲食・食事・料理・食物・食材回想・過去企業・店・機関数字・単位・規模
    • 旭川北海道国内市街

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](十)9 と、別れた妻を改めて……

    と、別れた妻を改めて吟味するように眺めた。ある種の女にとっては、十年の月日も変化をもたらさないものだ。以前、この部屋…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 職業・生業・仕事
    • 旭川北海道国内市街

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](十)3 挨拶をすませたおかみ……

    挨拶をすませたおかみは、とうに席を立っている。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 職業・生業・仕事共感・同情・憐れみ
    • 旭川北海道国内市街

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](九)38 「でも社長さん、いま……

    「でも社長さん、いまの奥さんだって、いい奥さんじゃありませんか。よりを戻しちゃ、いまの奥さんがかわいそうですよ」〈作…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 職業・生業・仕事インテリア・間取り・家電・什器動物・植物・生物
    • 旭川北海道国内市街

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](九)37 おかみはつつじの花の……

    おかみはつつじの花の活けられた床の間を見、きれいに拭き清められた部屋を点検するように見まわして、〈作品本文の凡例〉htt…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 職業・生業・仕事生活雑貨・日用品飲食・食事・料理・食物・食材
    • 旭川北海道国内市街

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](九)34 と、一息に飲み、盃を……

    と、一息に飲み、盃をおかみに手渡す。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 職業・生業・仕事別れ・離別・距離感ことわざ・慣用句・言い回し・比喩
    • 旭川北海道国内市街

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](九)32 「ほんとうにねえ、何……

    「ほんとうにねえ、何でお二人が別れたのか、はた目も羨むっていうのは、社長さんたちのことだと思いましたがねえ」〈作品本…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 職業・生業・仕事ことわざ・慣用句・言い回し・比喩
    • 国内旭川北海道市街

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](九)28 「社長さん、焼けぼっ……

    「社長さん、焼けぼっくいに火ですか」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 人物造形職業・生業・仕事インテリア・間取り・家電・什器
    • 北海道国内旭川市街

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](九)27 襖があいた。ふとった……

    襖があいた。ふとったおかみが、〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 人物造形職業・生業・仕事性的関係・性的行為・性的接近別れ・離別・距離感はがき・名刺・カード企業・店・機関電話・電報・FAX・郵便・メール
    • 旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](九)8 正式に保子と別れてか……

    正式に保子と別れてからは、電話はおろか、葉書一枚きたこともない。そこに保子のかたくなさを見せつけられたようで、容一は…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 年齢・学年職業・生業・仕事電話・電報・FAX・郵便・メール数字・単位・規模暦・曜日・月日の経過
    • 旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](九)4 と、秘書の笹ハマ子が……

    と、秘書の笹ハマ子が電話を取り次いだ時、容一はてっきり、娘の恵理子からだと胸がとどろいた。用事のある時はいつでも電話…

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP