季節・時期・気候

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
    • 小説『果て遠き丘』
    • 職業・生業・仕事生活雑貨・日用品服飾・宝飾インテリア・間取り・家電・什器感情が高まる音楽・楽曲・楽器回想・過去伝統文化季節・時期・気候河川・湖沼景色・風景・眺望暦・曜日・月日の経過
    • 国内旭川北海道豊岡

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](六)5 若葉となったポプラの……

    若葉となったポプラの木立越しに向こう岸を見た恵理子は、淡い失望を感じて再びミシンの前にすわった。スーツの裾をまつりな…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 服飾・宝飾風習・慣習・習わし年中行事・風物詩・祭り季節・時期・気候
    • 国内旭川北海道高砂台

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](五)21 「いいわね、お彼岸の……

    「いいわね、お彼岸のころだと、章子さんも何を着てもいいころだもの」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 風習・慣習・習わし年中行事・風物詩・祭り季節・時期・気候暦・曜日・月日の経過
    • 国内旭川北海道高砂台

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](五)19 「九月の彼岸はどうか……

    「九月の彼岸はどうかね、暑からず寒からずで……」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『氷点』
    • 家事・DIYインテリア・間取り・家電・什器怪我・病気・症状医療・治療・救急火・炎・煙・燃焼回想・過去季節・時期・気候暦・曜日・月日の経過
    • 旭川北海道国内神楽

    『氷点』[ 敵 ]11 今年の二月であった。…………

    今年の二月であった。夏枝は、ストーブの灰を捨てる時、灰が目に入って村井に診てもらった。その時以来、村井は夏枝から心を…

    • 小説『氷点』
    • 職業・生業・仕事インテリア・間取り・家電・什器季節・時期・気候
    • 旭川北海道国内神楽

    『氷点』[ 敵 ]4 辻口家の応接室に、辻…………

    辻口家の応接室に、辻口啓造の妻、夏枝と、辻口病院の眼科医村井靖夫が、先ほどから沈黙のまま、向かい合って椅子に座ってい…

    • 『氷点』小説
    • 年中行事・風物詩・祭り季節・時期・気候数字・単位・規模暦・曜日・月日の経過時間・時刻・時間帯
    • 旭川北海道国内神楽

    『氷点』[ 敵 ]3 遠くで祭りの五段雷が…………

    遠くで祭りの五段雷が鳴った。昭和二十一年七月二十一日、夏祭りのひる下がりである。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-t…

    • 『氷点』小説
    • 季節・時期・気候天気・気象動物・植物・生物景色・風景・眺望
    • 旭川北海道国内神楽

    『氷点』[ 敵 ]1 風は全くない。東の空…………

    風は全くない。東の空に入道雲が、高く陽に輝いて、つくりつけたように動かない。ストローブ松の林の影が、くっきりと地に濃…

    • 小説『塩狩峠』
    • 音楽・楽曲・楽器神社・神宮季節・時期・気候天気・気象天体動物・植物・生物街並み・地域・地名暦・曜日・月日の経過
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]314 今日でいよいよ夏休み…………

    今日でいよいよ夏休みが終わり、あすから学校に行かなければならない。まっ白い入道雲が南の空に高く見えた。その日信夫は湯…

    • 小説『塩狩峠』
    • 季節・時期・気候暦・曜日・月日の経過
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]239 (もうじき、夏休みも…………

    (もうじき、夏休みも終わるんだな)〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 季節・時期・気候天気・気象暦・曜日・月日の経過
    • 旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](三)28 今日の雨は、梅雨のよ……

    今日の雨は、梅雨のような感じだが、どうせ明日になれば、からりと晴れる雨なのだ。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-tex…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 季節・時期・気候天気・気象街並み・地域・地名
    • 旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](三)27 「わあ、うれしい。ね……

    「わあ、うれしい。ね、お兄さん。内地はいまごろ梅雨ですってね。北海道は梅雨がなくっていいわねえ」〈作品本文の凡例〉htt…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 季節・時期・気候山岳・丘陵動物・植物・生物街並み・地域・地名景色・風景・眺望地形・構造・道・設備博物館・美術館・動物園・水族館乗り物・交通数字・単位・規模
    • 旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](五)9 旭山は、恵理子たちの……

    旭山は、恵理子たちの家から車で二十分ほどのところにある美しい小山である。旭川近郊の桜の名所で、時季には、一山これ桜と…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 伝統文化季節・時期・気候動物・植物・生物
    • 旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](五)6 今日はツネの主催する……

    今日はツネの主催する野点の会があるのだ。この二、三日ぐんと暖かい日がつづいて、今日あたりは桜が散ってしまうのではない…

    • 小説『果て遠き丘』
    • エクステリア季節・時期・気候天気・気象
    • 旭川北海道国内高砂台

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](三)3 五月の陽に、庭の芝生……

    五月の陽に、庭の芝生が輝いている。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • エクステリア季節・時期・気候動物・植物・生物街並み・地域・地名
    • 旭川北海道国内高砂台

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](二)6 沢を隔てた向かいの山……

    沢を隔てた向かいの山が、日一日と鮮やかな芽吹きを見せてきている。萌黄色の山に白いこぶしや桜の花が咲いているのも美しい…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 人物造形家事・DIYエクステリア季節・時期・気候動物・植物・生物
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](一)13 玄関までの、五メート……

    玄関までの、五メートルほどの道の両側に、ピンクの芝桜が咲き、庭のつつじもいまが盛りだ。草一本生えていないのは、母の保…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 人物造形季節・時期・気候天気・気象山岳・丘陵
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](一)9 イタリヤポプラの下ま……

    イタリヤポプラの下までくると、恵理子はポプラの幹によりかかって、まだ真っ白い大雪山を眺めた。透明な青空の下に、大雪山…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 人物造形職業・生業・仕事生活雑貨・日用品匂い・香り季節・時期・気候動物・植物・生物
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](一)8 恵理子は土手の端の柔……

    恵理子は土手の端の柔らかいよもぎをちぎって、形のいい鼻に近づける。よもぎの新鮮な、鋭い香りが恵理子は好きだ。恵理子は…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 人物造形季節・時期・気候動物・植物・生物
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](一)6 歩きながら恵理子は、……

    歩きながら恵理子は、切れ長な黒目勝ちの目を上げて、行く手の畔に立つ数本のイタリヤポプラを見た。道の上に大きく枝を張り…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 季節・時期・気候天気・気象河川・湖沼動物・植物・生物公共施設
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](一)2 五分咲きの山桜が、初……

    五分咲きの山桜が、初々しく咲く児童公園の前を通り過ぎて間もなく、藤戸恵理子は小又川の畔に出た。川といっても、幅一メー…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 季節・時期・気候
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](一)1 五月も十日に近い日曜……

    五月も十日に近い日曜の午後。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『塩狩峠』
    • 季節・時期・気候
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]140 「暑いなあ」…………

    「暑いなあ」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『塩狩峠』
    • 季節・時期・気候
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]138 「暑いなあ」…………

    「暑いなあ」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『塩狩峠』
    • 職業・生業・仕事生活雑貨・日用品エクステリアインテリア・間取り・家電・什器季節・時期・気候街並み・地域・地名
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]3 六月にはいった今日、……

    六月にはいった今日、信夫は吉川の家にはじめて遊びにきていた。家には吉川修だけがいた。吉川の家には信夫の家のような門も…

    • 小説『塩狩峠』
    • 季節・時期・気候天気・気象地形・構造・道・設備
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ 桜の下 ]185 信夫は貞行の仕打ちが……

    信夫は貞行の仕打ちが不満だった。ぬかるみに足をとられて、信夫は歩きなずんだ。春の雨とはいいながら、ずぶ濡れになった体…

    • 小説『塩狩峠』
    • 年齢・学年学校・授業・教科級長・委員長・生徒会長・生徒代表季節・時期・気候動物・植物・生物
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ 桜の下 ]111 もう汗ばむぐらい暑い……

    もう汗ばむぐらい暑いことがあって、校庭の桜が満開だった。四年生になった信夫は級長になった。先生の仕事を手伝い、少しお…

    • 小説『塩狩峠』
    • 季節・時期・気候天気・気象
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ 桜の下 ]81 明るい陽ざしに、部屋……

    明るい陽ざしに、部屋もあたたかくなってきた。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『塩狩峠』
    • 服飾・宝飾飲食・食事・料理・食物・食材季節・時期・気候
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ 桜の下 ]56 寒い日曜日の朝だった……

    寒い日曜日の朝だった。信夫が目をさました時は、もう貞行も待子も起きていた。朝食が終わると、待子はよそゆきのちりめんの…

    • 小説『塩狩峠』
    • 季節・時期・気候天気・気象
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ 菊人形 ]50 秋の終わりとはいって……

    秋の終わりとはいっても、東京の陽ざしはあたたかい。歩いていると汗ばむほどであった。〈作品本文の凡例〉https://www.miura…

    • 小説『塩狩峠』
    • 季節・時期・気候天気・気象
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ 菊人形 ]1 秋も終わりの日曜日で……

    秋も終わりの日曜日であった。澄んだ空に白い雲がひとひら、陽に輝いて浮かんでいる。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-t…

カテゴリー

アーカイブ