旭川

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)29 恥ずかしそうに恵理子……

    恥ずかしそうに恵理子は微笑した。その微笑を整は眩しそうに見て頭を掻いた。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 国内旭川北海道豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)28 「あら」……

    「あら」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)27 「やっぱりプロだな」……

    「やっぱりプロだな」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)26 香也子は無邪気そうに……

    香也子は無邪気そうに恵理子の前に立った。恵理子は香也子の背丈をはかり、肩幅をはかり、胸まわり、腰まわり、細腰などをき…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 国内旭川北海道豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)25 「まあ、うれしい」……

    「まあ、うれしい」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)24 なんというやさしい声……

    なんというやさしい声音だろう。香也子はそれがうれしくもあり、ねたましくもあった。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-t…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)23 「香也ちゃん、香也ち……

    「香也ちゃん、香也ちゃんの寸法はかっておくわね。いい布地があったら、スーツかワンピース作っておいてあげるわ」〈作品本…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 国内旭川北海道豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)22 と、二階にあがり、す……

    と、二階にあがり、すぐに駆け降りてきた。恵理子はメジャーを肩から垂らしていた。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-tex…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)21 「香也ちゃん、ちょっ……

    「香也ちゃん、ちょっと待って」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)20 ツネがいったとき、恵……

    ツネがいったとき、恵理子が〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 国内旭川北海道豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)19 「そうかい、帰るかい……

    「そうかい、帰るかい。まだいいだろう」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)18 恵理子が作ってくれた……

    恵理子が作ってくれたちらしずしはおいしかった。米がぱりっと炊けていて、味つけが実に巧みだった。それに具の飾り方がうま…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)17 ふっと香也子は笑いだ……

    ふっと香也子は笑いだしたくもなった。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 国内旭川北海道豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)16 (ここの家にささりこ……

    (ここの家にささりこむのも容易じゃないわ)〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)15 思いながらも香也子は……

    思いながらも香也子は、内心恵理子に負けまいとする思いがあるから、我慢をしてつづけた。しかし、こんな稽古を何年もつづけ…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)14 (頭をさげりゃいいん……

    (頭をさげりゃいいんでしょ、頭さげりゃ。ばかばかしいわ、こんなことに時間をかけて。こんなの時代錯誤よ。世界中のどこに…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 国内旭川北海道豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)13 お辞儀をするとき、膝……

    お辞儀をするとき、膝から手のすべらせ方がぎごちないの、角度がどうのと、こうるさい。〈作品本文の凡例〉https://www.miura…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)12 胸の中で悪態をつく。……

    胸の中で悪態をつく。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)11 (畳半畳を三歩半なん……

    (畳半畳を三歩半なんて、足の短かった昔の人のお作法じゃないの。いまの娘たちはみんな足が長いんですからね、おばあちゃん…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 北海道国内旭川豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)10 香也子は内心うんざり……

    香也子は内心うんざりした。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)9 「そんなに大股で歩い……

    「そんなに大股で歩いちゃいけないよ。三歩半といっただろう」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)8 ツネはそういい、香也……

    ツネはそういい、香也子が飽き飽きするほど、歩かせたり、すわらせたりした。お辞儀の仕方も習った。稽古となると、ツネはき…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 北海道国内旭川豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)7 「ちゃんと歩いたりす……

    「ちゃんと歩いたりすわったりするようにならなければ、水瓶など運ばせられないからね。突っかかってころばれたりしたら、お…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)6 香也子が時計を見た。……

    香也子が時計を見た。一時半に訪ねてきてから、もう六時間経っている。恵理子が飛行場に行っている間、祖母に歩き方やすわり…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)5 「そろそろおいとまし……

    「そろそろおいとましようかなあ。もう七時半になるものなあ」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 北海道国内旭川豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)4 香也子が再び居間に戻……

    香也子が再び居間に戻ると、整が大きく伸びをしながらいった。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)3 白雪姫のまま母のよう……

    白雪姫のまま母のように、いままた香也子は口にだしてそっといってみた。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)2 「鏡よ鏡よ、わたしと……

    「鏡よ鏡よ、わたしとお姉さんとどちらがきれい?」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)1 香也子はさっきからい……

    香也子はさっきからいらいらとしている。いまもふいと立って洗面所にきた。恵理子の前にすわっていると、何かたまらなくなる…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)50 珍しく香也子が弁護し……

    珍しく香也子が弁護した。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

カテゴリー

アーカイブ