『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)1 香也子はさっきからい……

香也子はさっきからいらいらとしている。いまもふいと立って洗面所にきた。恵理子の前にすわっていると、何かたまらなくなるのだ。鏡をのぞいて、香也子はパフで鼻の頭をおさえる。唇の輪郭を口紅でととのえる。ちょっと笑ってみる。われながら愛らしいと思うのだが、恵理子には勝ち目がないのだ。恵理子のしぐさが落ちついていて、表情が美しい。どこか清らかな感じがする。それが香也子の癇にさわる。


〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

関連記事

  1. 『果て遠き丘』[ 蛙の声 ](四)63 「え? じゃ、ただに……

  2. 『果て遠き丘』[ 春の日 ](六)47 「お母さん!」……

  3. 『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)35 そんな西島とのやりと……

  4. 『塩狩峠』[ 菊人形 ]78 貞行に肩をおされて、……

  5. 『果て遠き丘』[ 起伏 ](一)31 二人は笑った。笑って……

  6. 『果て遠き丘』[ 影法師 ](八)13 恵理子の声がやさしか……

カテゴリー

アーカイブ