市街

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内市街

    『果て遠き丘』[ 蛙の声 ](八)37 「そうかもしれません……

    「そうかもしれませんわね。でも、家具のデザインのほうが、ずっとむずかしそうですわね」〈作品本文の凡例〉https://www.miu…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内市街

    『果て遠き丘』[ 蛙の声 ](八)36 「あなたなら、わかっ……

    「あなたなら、わかってくれるような気がするんですよ。あなたは、洋裁師だ。いってみれば、洋服のデザイナーでしょう。デザ…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内市街

    『果て遠き丘』[ 蛙の声 ](八)35 「拝見させていただき……

    「拝見させていただきたいわ」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内市街

    『果て遠き丘』[ 蛙の声 ](八)34 北島センターと川村木……

    北島センターと川村木工のショールームが、木工団地内にあった。立派なビルの中に、この木工団地でできるタンス、机、ソファ…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内市街

    『果て遠き丘』[ 蛙の声 ](八)33 「恵理子さん、今度、……

    「恵理子さん、今度、ぼくのデザインした製品を見てくれませんか。北島センターのショールームにも川村木工のショールームに…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内市街

    『果て遠き丘』[ 蛙の声 ](八)32 が、今日はじめて話し……

    が、今日はじめて話し合った西島に、それは聞けることではなかった。その時、西島がいった。〈作品本文の凡例〉https://www.m…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内市街

    『果て遠き丘』[ 蛙の声 ](八)31 その後、幾度か西島に……

    その後、幾度か西島に会っているのだろうか、恵理子は気になっていた。恐らくボーイフレンドという以上、幾度か会っているに…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内市街

    『果て遠き丘』[ 蛙の声 ](八)30 と、香也子は無邪気に……

    と、香也子は無邪気に肩をすくめて見せたのだった。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内市街

    『果て遠き丘』[ 蛙の声 ](八)29 「二人で、人けのない……

    「二人で、人けのない頂上の小道を歩いて行って……あとはご想像にまかせるわ」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内市街

    『果て遠き丘』[ 蛙の声 ](八)28 西島は香也子のボーイ……

    西島は香也子のボーイフレンドになったといった。そして、〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内市街

    『果て遠き丘』[ 蛙の声 ](八)27 恵理子もまた、香也子……

    恵理子もまた、香也子がいった言葉を思い出していた。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内市街

    『果て遠き丘』[ 蛙の声 ](八)26 などと、男の気を引く……

    などと、男の気を引く言葉を初対面の西島にいったりしたのだ。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 国内旭川北海道市街

    『果て遠き丘』[ 蛙の声 ](八)25 「わたし、こんな人け……

    「わたし、こんな人けのない道を、男の人と歩くのははじめてよ。すごくロマンチックだわ、恋人と歩いているみたい」〈作品本…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内市街

    『果て遠き丘』[ 蛙の声 ](八)24 と妖しく目を光らせた……

    と妖しく目を光らせたり、〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内市街

    『果て遠き丘』[ 蛙の声 ](八)23 「……いやだわわたし……

    「……いやだわわたし、西島さんのこと好きになるかもしれないわ」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 国内旭川北海道市街

    『果て遠き丘』[ 蛙の声 ](八)22 答えながら西島は、香……

    答えながら西島は、香也子がこの恵理子とは全くちがった性格であることを思っていた。あの日旭山で、香也子は、〈作品本文の…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内市街

    『果て遠き丘』[ 蛙の声 ](八)21 「そんなことはありま……

    「そんなことはありませんよ」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内市街

    『果て遠き丘』[ 蛙の声 ](八)20 「あの子は、人なつっ……

    「あの子は、人なつっこいでしょう。あなたに何かご迷惑をおかけしなかったかしら?」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-t…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 国内旭川北海道市街

    『果て遠き丘』[ 蛙の声 ](八)19 いま、二人はまた、話……

    いま、二人はまた、話を香也子のうえに戻していた。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内市街

    『果て遠き丘』[ 蛙の声 ](八)18 ホテルで会った時の事……

    ホテルで会った時の事を恵理子は告げた。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内市街

    『果て遠き丘』[ 蛙の声 ](八)17 「まあ! そんなこと……

    「まあ! そんなことを初めての方におねがいしたんですか。でも、もう香也子とはもとどおりの仲になれると思いますわ」〈作…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 北海道国内旭川市街

    『果て遠き丘』[ 蛙の声 ](八)16 それを西島から聞いた……

    それを西島から聞いた時、恵理子はいった。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内市街

    『果て遠き丘』[ 蛙の声 ](八)15 「お姉さんとわたし、……

    「お姉さんとわたし、昔どおり仲よしにさせてください」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内市街

    『果て遠き丘』[ 蛙の声 ](八)14 今夜二人は、街でお茶……

    今夜二人は、街でお茶を飲み、お互いの家庭のことや仕事のことなどを語り合った。が、話題の中心は香也子の問題だった。香也…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 北海道国内旭川市街

    『果て遠き丘』[ 蛙の声 ](八)13 と感嘆した。西島の遅……

    と感嘆した。西島の遅刻は、かえって二人の心を急速に近づけた。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内市街

    『果て遠き丘』[ 蛙の声 ](八)12 「そうですか、そうい……

    「そうですか、そういう人がこの世にいるとは、ぼくは想像もしませんでしたよ」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.co…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内市街

    『果て遠き丘』[ 蛙の声 ](八)11 二時間は待つつもりだ……

    二時間は待つつもりだったと聞かされた西島は、〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内市街

    『果て遠き丘』[ 蛙の声 ](八)10 西島は案の定、突然仕……

    西島は案の定、突然仕事のことで社長の相談を受け、時間までにくることができなかったのだ。〈作品本文の凡例〉https://www.m…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 北海道国内旭川市街

    『果て遠き丘』[ 蛙の声 ](八)9 「まだ待っていてくれ……

    「まだ待っていてくれたんですか」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内市街

    『果て遠き丘』[ 蛙の声 ](八)8 約束の時間より、四十……

    約束の時間より、四十分過ぎて駆けつけた西島は、そこに恵理子の姿を見て、感動していった。〈作品本文の凡例〉https://www.m…

カテゴリー

アーカイブ