国内

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
    • 小説『塩狩峠』
    • 職業・生業・仕事人生・生涯信仰・宗教
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]154 「吉川、ぼくもお坊さ…………

    「吉川、ぼくもお坊さまになろうと思うんだ」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『塩狩峠』
    • エクステリア遊び・玩具動物・植物・生物
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]153 二人は物置のうらの銀…………

    二人は物置のうらの銀杏の木に登った。庭で遊ぶ待子とふじ子の姿が見えた。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p…

    • 小説『塩狩峠』
    • 遊び・玩具
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]150 ふじ子も、どうやらそ…………

    ふじ子も、どうやらその母をまねているらしかった。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『塩狩峠』
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]159 待子の声がした。…………

    待子の声がした。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『塩狩峠』
    • 遊び・玩具
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]151 「だめねえ。おにいさ…………

    「だめねえ。おにいさまも何かごあいさつをしてちょうだい」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『塩狩峠』
    • 遊び・玩具
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]145 「そうよ。そして、待…………

    「そうよ。そして、待子さんとおにいさんが、おとなりのおとうさん、おかあさんね」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-tex…

    • 小説『塩狩峠』
    • 遊び・玩具
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]158 「おとうさまたちはど…………

    「おとうさまたちはどこへ行ったのでしょう?」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『塩狩峠』
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]155 この間から言おう言お…………

    この間から言おう言おうと思いながら言いそびれていたことを、信夫は木に登ったとたんにすらすらと言えた。〈作品本文の凡例…

    • 小説『塩狩峠』
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]157 吉川は木の枝にまたが…………

    吉川は木の枝にまたがって足をぶらぶらさせながら、そう答えただけだった。喜んでくれるかと思っていた信夫は拍子ぬけした。…

    • 小説『塩狩峠』
    • 性差・ジェンダー遊び・玩具
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]160 「また、きっとお酒で…………

    「また、きっとお酒でも飲んでいるのでしょうね。いやですこと」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『塩狩峠』
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]132 「誰だろう?」…………

    「誰だろう?」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『塩狩峠』
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]110 「だから、それは…………

    「だから、それは……」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『塩狩峠』
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]101 「一体どうしました?」……

    「一体どうしました?」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『塩狩峠』
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]144 待子は、信夫に言った…………

    待子は、信夫に言った。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『塩狩峠』
    • 職業・生業・仕事信仰・宗教祈祷・儀式
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]125 頭をまるめた自分と吉…………

    頭をまるめた自分と吉川が、並んで経を上げている姿を信夫は想像した。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『塩狩峠』
    • 生活雑貨・日用品反省・後悔
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]126 菊はだまってうなずき…………

    菊はだまってうなずき、そっと目頭をおさえてうつむいた。その夜、信夫は布団の中にはいってからも、ねむられなかった。母の…

    • 小説『塩狩峠』
    • インテリア・間取り・家電・什器
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]123 菊は信夫から仏壇に視…………

    菊は信夫から仏壇に視線をうつした。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『塩狩峠』
    • 恥ずかしい・照れ
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]141 信夫も同じことを言っ…………

    信夫も同じことを言った。ふじ子が、ちょっとはにかんで笑った。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『塩狩峠』
    • 職業・生業・仕事
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]122 「お坊さまに?」…………

    「お坊さまに?」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『塩狩峠』
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]146 信夫と吉川は顔を見合…………

    信夫と吉川は顔を見合わせて笑った。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『塩狩峠』
    • 性差・ジェンダー遊び・玩具
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]149 「あら、おとうさん、…………

    「あら、おとうさん、今日はつかれたでしょう」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『塩狩峠』
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]156 「ふうん」…………

    「ふうん」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『塩狩峠』
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]152 信夫と吉川はげらげら…………

    信夫と吉川はげらげら笑って逃げだした。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『塩狩峠』
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]104 菊が信夫の肩に手をか……

    菊が信夫の肩に手をかけた。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『塩狩峠』
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]113 「そんな……」…………

    「そんな……」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『塩狩峠』
    • インテリア・間取り・家電・什器感情が高まる
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]102 菊が顔をのぞきこんだ……

    菊が顔をのぞきこんだ。信夫は顔をそむけて菊のそばをすりぬけ、仏間にかけこんだ。仏壇の前に坐ると、何か自分でもわからぬ…

    • 小説『塩狩峠』
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]139 吉川修がふじ子の手を…………

    吉川修がふじ子の手を引いて立っていた。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『塩狩峠』
    • 感情が高まる
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]117 「死んだおばあさまが…………

    「死んだおばあさまがかわいそうだ」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『塩狩峠』
    • 感情が高まる障がい蔑称・侮蔑語・差別語
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]136 「びっこなんて二度と…………

    「びっこなんて二度と言ったら承知しないぞ」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『塩狩峠』
    • エクステリア動物・植物・生物
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]131 庭の蟻の巣を見ていた…………

    庭の蟻の巣を見ていた信夫のところに、待子がかけてきた。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

カテゴリー

アーカイブ