『果て遠き丘』[ 蛙の声 ](三)20 「叔母さん、一度行っ……

「叔母さん、一度行ってみな。高砂台一大きな家を探せば、それが叔父さんの家だから。何せ今年はね、庭にプールをつくるんだってさ。それと、吹きぬけの、六畳ほどの小鳥の部屋をつくるんだってさ。馬鹿馬鹿しい。沢におりたら、きれいな流れはあるし、あの丘は小鳥の楽園だのにね。しかしそれもこれも、かわいい香也子姫の所望とあらば、いたしかたがござらぬというところさ」


〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

関連記事

  1. 『果て遠き丘』[ 影法師 ](六)40 「ハイ、あの、香也ち……

  2. 『氷点』[ 敵 ]30 立ち上る夏枝の手を村…………

  3. 『果て遠き丘』[ 影法師 ](四)50 「ぼくにとっては、章……

  4. 『塩狩峠』[ 鏡 ]191 信夫はまだ謝罪するほ……

  5. 『塩狩峠』[ 桜の下 ]15 「あら、この人がおに……

  6. 『果て遠き丘』[ 春の日 ](四)38 「あなたはフランス文……

カテゴリー

アーカイブ