『果て遠き丘』[ 蛙の声 ](八)38 夜の児童公園には、片……

夜の児童公園には、片隅に水銀灯が青く光っているだけで、ここにも人影はなかった。柳が水銀灯の光を受けて、造花の葉のような色を見せている。ブランコ、シーソー、コンクリートのジャングルなどが、ひっそりと静まりかえっている。きらりと青い目を光らせて、猫が二人の傍を走り去った。


〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

関連記事

  1. 『果て遠き丘』[ 春の日 ](六)15 「あら、白いの、お父……

  2. 『果て遠き丘』[ 春の日 ](二)10 「どうした。コーヒー……

  3. 『塩狩峠』[ 菊人形 ]39 と、大声であいさつを……

  4. 『塩狩峠』[ かくれんぼ ]53 お手玉はふじ子が一番……

  5. 『果て遠き丘』[ 春の日 ](十)74 ホッとしたように、保子……

  6. 『塩狩峠』[ 母 ]12 「まあ、とにかく家へ……

カテゴリー

アーカイブ