旭川

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
    • 小説『果て遠き丘』
    • 季節・時期・気候
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](一)1 五月も十日に近い日曜……

    五月も十日に近い日曜の午後。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 季節・時期・気候天気・気象河川・湖沼動物・植物・生物公共施設
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](一)2 五分咲きの山桜が、初……

    五分咲きの山桜が、初々しく咲く児童公園の前を通り過ぎて間もなく、藤戸恵理子は小又川の畔に出た。川といっても、幅一メー…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 街並み・地域・地名
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](一)3 この川を隔てた向こう……

    この川を隔てた向こうは、一万五千坪ほどの工場地帯で、旭川木工団地と呼ばれている地域だ。家具・建具を製作する工場が十五…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 街並み・地域・地名乗り物・交通
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](一)4 対岸の道路には、トラ……

    対岸の道路には、トラックや乗用車が幾台となく駐車し、絶えず響く機械のうなりにも、充実した活気がみなぎっている。〈作品…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 街並み・地域・地名
    • 北海道国内旭川豊岡

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](一)5 が、恵理子の立つ、川……

    が、恵理子の立つ、川一つ隔てたこの道には、いま、車はおろか、人影もない。川に向かって、小ぎれいな住宅の、赤や青の屋根…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 人物造形季節・時期・気候動物・植物・生物
    • 国内旭川北海道豊岡

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](一)6 歩きながら恵理子は、……

    歩きながら恵理子は、切れ長な黒目勝ちの目を上げて、行く手の畔に立つ数本のイタリヤポプラを見た。道の上に大きく枝を張り…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 動物・植物・生物
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](一)7 あのポプラの右手に、……

    あのポプラの右手に、恵理子の家があるのだ。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 人物造形職業・生業・仕事生活雑貨・日用品匂い・香り季節・時期・気候動物・植物・生物
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](一)8 恵理子は土手の端の柔……

    恵理子は土手の端の柔らかいよもぎをちぎって、形のいい鼻に近づける。よもぎの新鮮な、鋭い香りが恵理子は好きだ。恵理子は…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 人物造形季節・時期・気候天気・気象山岳・丘陵
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](一)9 イタリヤポプラの下ま……

    イタリヤポプラの下までくると、恵理子はポプラの幹によりかかって、まだ真っ白い大雪山を眺めた。透明な青空の下に、大雪山…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 人物造形服飾・宝飾動物・植物・生物
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](一)10 と、そのとき、恵理子……

    と、そのとき、恵理子は誰かの視線を感じた。ポプラから離れて、ふと対岸を見ると、タンポポの群れ咲く岸に腰をおろしてじっ…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 人物造形感情が高まる音楽・楽曲・楽器動物・植物・生物
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](一)11 青年はギターを膝に抱……

    青年はギターを膝に抱え、じっと恵理子を凝視していた。恵理子はなぜか、いまだかつてないときめきを覚えた。が、恵理子が視…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 人物造形職業・生業・仕事エクステリア感情が高まる
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](一)12 「茶道教授 藤戸ツネ……

    「茶道教授 藤戸ツネ」と書いた看板のかかっている黒塀の門をはいるとき、恵理子はふり返らずにはいられなかった。再び青年…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 人物造形家事・DIYエクステリア季節・時期・気候動物・植物・生物
    • 国内旭川北海道豊岡

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](一)13 玄関までの、五メート……

    玄関までの、五メートルほどの道の両側に、ピンクの芝桜が咲き、庭のつつじもいまが盛りだ。草一本生えていないのは、母の保…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 生活雑貨・日用品服飾・宝飾エクステリア
    • 国内旭川北海道豊岡

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](一)14 玄関の格子戸をあける……

    玄関の格子戸をあける前に、恵理子はいつものように、服のちりを手で払い落とす。今朝着替えたばかりの、薄いグリーンのスー…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](一)15 「汚いわねえ」……

    「汚いわねえ」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 人物造形感情が高まる
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](一)16 と、言いようもない嫌……

    と、言いようもない嫌悪をこめた声音で叱られるのだ。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 生活雑貨・日用品エクステリアインテリア・間取り・家電・什器
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](一)17 静かに戸をあける。鈴……

    静かに戸をあける。鈴がリンリンと澄んだ音を立てた。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 服飾・宝飾行儀・モラル・所作・礼儀
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](一)18 靴は一ミリの隙もない……

    靴は一ミリの隙もないように、きちっと揃えてあがる。いつものことながら、恵理子は、母と別れた父の橋宮容一の心情がわかる…

    • 小説『果て遠き丘』
    • インテリア・間取り・家電・什器
    • 北海道国内旭川豊岡

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](一)19 十二畳の居間に、母の……

    十二畳の居間に、母の保子はテレビを見ていた。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 国内旭川北海道豊岡

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](一)20 「ただいま」……

    「ただいま」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 人物造形年齢・学年服飾・宝飾インテリア・間取り・家電・什器
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](一)21 声が聞こえたのか、聞……

    声が聞こえたのか、聞こえないのか、保子はふり返りもしない。淡いみどりの博多帯を、粋に結んだ保子は、横ずわりになってい…

    • 小説『果て遠き丘』
    • インテリア・間取り・家電・什器
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](一)22 テレビの中では、若い……

    テレビの中では、若い女性が海べに立って、去って行く男の姿を見つめている。その女性の白い着物の裾が風にゆれ、目には涙が…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](一)23 「お母さん、ただいま」……

    「お母さん、ただいま」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 国内旭川北海道豊岡

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](一)24 「あら、帰ってきたの」……

    「あら、帰ってきたの」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • インテリア・間取り・家電・什器
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](一)25 保子はすっと手を伸ば……

    保子はすっと手を伸ばして、テレビのスイッチを切った。時々保子はこんなことをする。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-t…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](一)26 「なんにもおもしろい……

    「なんにもおもしろいものがないわね、日曜は」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 国内旭川北海道豊岡

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](一)27 たったいま、自分では……

    たったいま、自分では熱心に見ていながら、保子はいう。その母の気持ちも、恵理子にはわかるような気がするのだ。たぶんこの…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](一)28 「帰ってきて、うがい……

    「帰ってきて、うがいをしたの? 手は?」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](一)29 「まだよ」……

    「まだよ」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 国内旭川北海道豊岡

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](一)30 「汚いわねえ」……

    「汚いわねえ」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

カテゴリー

アーカイブ