『塩狩峠』[ 母 ]75 要するに、信夫にとっ……

要するに、信夫にとっては、ヤソとは許すことのできない悪い者であった。そのヤソに母がなっているときいて信夫はうす気味悪くなった。やさしそうな声をして、何をしでかすかわからないような気がした。おばあさまが、母のことを死んだと言ったのがわかるようにも思った。死んだ母の方が、ヤソの母よりもいいに決まっていると、信夫そっと母をみた。


〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

関連記事

  1. 『果て遠き丘』[ 蔓バラ ](四)17 「当たり前ですよ。昨……

  2. 『氷点』[ 敵 ]47 「どうして、ぼくに結…………

  3. 『果て遠き丘』[ 蔓バラ ](一)20 「ええ……何を考えて……

  4. 『果て遠き丘』[ 影法師 ](二)45 菊天で容一に会った時……

  5. 『氷点』[ 敵 ]17 手術台の上に片手をつ…………

  6. 『塩狩峠』[ 桜の下 ]185 信夫は貞行の仕打ちが……

カテゴリー

アーカイブ