『塩狩峠』[ 桜の下 ]101 高等科の生徒の中には……

高等科の生徒の中には、学校の廊下を歩いている信夫たちの頭をいきなり殴ったり、背中を叩いたりするのが何人かいる。殴られただけでも、利かん気の信夫は腹がにえくりかえるほど口惜しくて、自分より大きな生徒にかかってゆく。まして、よいことばかりしていたのに、こんなはりつけにされては、どんなに口惜しくて残念だろうと、信夫は涙が出そうだった。


〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

関連記事

  1. 『果て遠き丘』[ 蛙の声 ](八)42 恵理子は西島を見た。……

  2. 『塩狩峠』[ かくれんぼ ]363 菊が吉川の肩に手をお…………

  3. 『果て遠き丘』[ 起伏 ](二)2 恵理子の作った夕食の……

  4. 『果て遠き丘』[ 影法師 ](五)10 「整は今日、章子からの……

  5. 『果て遠き丘』[ 影法師 ](九)16 「もしもし、橋宮でご……

  6. 『果て遠き丘』[ 影法師 ](一)49 「羨ましいか」……

カテゴリー

アーカイブ