『塩狩峠』[ かくれんぼ ]240 けやきの木の下で、信…………

けやきの木の下で、信夫はいつものように何となく立ちどまった。このけやきは、吉川の家の道に曲がる角の空き地に立っている。このけやきを見ると、もう吉川の家だなと信夫は思う。そして何となく、いつも立ちどまってしまうのだ。吉川に会いたくて、やってくるのに、どうしてか一目散に走って行くことができないのだ。


〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

関連記事

  1. 『果て遠き丘』[ 春の日 ](七)38 「後で話しかけてもい……

  2. 『塩狩峠』[ かくれんぼ ]46 その母親におくれて、……

  3. 『果て遠き丘』[ 蛙の声 ](五)10 半泣きになって香也子……

  4. 『果て遠き丘』[ 春の日 ](九)6 「もしもし、お久しぶ……

  5. 『果て遠き丘』[ 影法師 ](九)46 「あら、冷淡じゃない……

  6. 『果て遠き丘』[ 影法師 ](七)40 と、体を前に乗り出し……

カテゴリー

アーカイブ