『果て遠き丘』[ 影法師 ](七)25 容一がそういった時、……

容一がそういった時、幼い頃、散歩に手を引いてくれた父の手の感触が、ふっと思い出された。それは親たちの離婚によって、父から遠ざかっていた恵理子の心を昔に戻すものであった。父と思えなかった人が、父に思われた。他に女をつくった不潔な男性であった筈だが、いまは血の通う分身に思われた。それは、自分の心の底にかくされた願いをいい当て、それを受けいれてくれたからかもしれない。ともに住んでいる母でさえ、一度もいったことのない自分の夢を、この父は、遠くに住んでいながら、わかってくれた。そんな思いだった。

〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

関連記事

  1. 『塩狩峠』[ 母 ]73 「ヤソだって?」……

  2. 『塩狩峠』[ 鏡 ]8 (何でおかあさまにそ……

  3. 『果て遠き丘』[ 影法師 ](三)12 金井は時計を見た。……

  4. 『塩狩峠』[ かくれんぼ ]100 かけてきた待子が心配……

  5. 『果て遠き丘』[ 蛙の声 ](五)49 香也子は目に涙を浮か……

  6. 『果て遠き丘』[ 春の日 ](三)40 香也子は不意に子供っ……

カテゴリー

アーカイブ