『果て遠き丘』[ 蛙の声 ](二)27 そのことを思い出して……

そのことを思い出して、恵理子はいま不意におかしくなったのだ。しかし、今日は口実を設けて出てきたものの、これからたびたび西島と会うことになるとしたら、いったいどのようにして家を出ることができるだろう。いまどき、ツネのような固いことをいう大人は、どこにもいないのではないか。


〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

関連記事

  1. 『塩狩峠』[ かくれんぼ ]109 「それなら、どうして……

  2. 『果て遠き丘』[ 蔓バラ ](二)53 「がっかりだわ。わた……

  3. 『果て遠き丘』[ 蔓バラ ](五)19 「あらそうですか」……

  4. 『塩狩峠』[ かくれんぼ ]179 待子が信夫を見上げた…………

  5. 『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)29 恥ずかしそうに恵理子……

  6. 『果て遠き丘』[ 影法師 ](九)21 あとはただ、相槌を打……

カテゴリー

アーカイブ