『果て遠き丘』[ 蛙の声 ](三)6 切った葉を古新聞にま……

切った葉を古新聞にまるめて籠に捨て、洗面所に立って行って、手を洗おうと蛇口をひねった。勢いよくほとばしる水に手を出そうとして、保子はふと思いとどまった。いましがた芍薬を庭で切り、水揚げをした時に、手は充分に洗っている。自分はいま、花と鋏、そして古新聞にふれただけだ。古新聞といっても、昨日の新聞だ。


〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

関連記事

  1. 『塩狩峠』[ かくれんぼ ]106 信夫は菊の手をのがれ……

  2. 『果て遠き丘』[ 影法師 ](八)28 と探るように見、……

  3. 『果て遠き丘』[ 蔓バラ ](五)12 「このごろ、恵理子は……

  4. 『果て遠き丘』[ 影法師 ](六)33 「…………」……

  5. 『塩狩峠』[ かくれんぼ ]266 「何だか気持ちが悪い…………

  6. 『果て遠き丘』[ 影法師 ](一)16 立って行って、香也子……

カテゴリー

アーカイブ