『果て遠き丘』[ 蛙の声 ](七)13 二百メートルほど歩い……

二百メートルほど歩いた時だった。人通りのない道に黒い二つの影がはいってきた。香也子はハッと立ちどまった。香也子はさりげなく、左手の家の車庫の陰にかくれた。その香也子には気づかずに、二つの影は近づいてきた。香也子は息をひそめて、道を行く二人を見守った。やはり恵理子と、そして西島広之だった。


〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

関連記事

  1. 『果て遠き丘』[ 春の日 ](十)3 挨拶をすませたおかみ……

  2. 『塩狩峠』[ 桜の下 ]18 と信夫の手をひっぱっ……

  3. 『塩狩峠』[ 母 ]82 「よう、来たな。きょう……

  4. 『果て遠き丘』[ 蛙の声 ](四)94 「香也ちゃん……香也……

  5. 『果て遠き丘』[ 春の日 ](八)16 「香也子にも困ったも……

  6. 『塩狩峠』[ 鏡 ]174 「信夫。士族の子と町……

カテゴリー

アーカイブ