『果て遠き丘』[ 起伏 ](一)1 空港には人けがなかっ……

空港には人けがなかった。駐車場に車が一、二台あるだけだ。東京往復一日僅か三便の、このローカル空港は、こうしたひっそりとした時が、昼間でもある。一時五分に午後の第一便が発ち、このあと東京から着くのは三時三十五分で、西島は四時十分発に乗るのだ。


〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

関連記事

  1. 『果て遠き丘』[ 蔓バラ ](四)67 「静かねえ」……

  2. 『塩狩峠』[ かくれんぼ ]26 「死にたくなんかない……

  3. 『塩狩峠』[ 菊人形 ]136 「そうだね。おばあさ……

  4. 『果て遠き丘』[ 蛙の声 ](八)14 今夜二人は、街でお茶……

  5. 『果て遠き丘』[ 春の日 ](七)24 「いいおなりのお釜で……

  6. 『果て遠き丘』[ 春の日 ](一)33 が、近ごろは、なぜか……

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP