『果て遠き丘』[ 起伏 ](一)2 二人は並んで、空港前……

二人は並んで、空港前の芝生にすわっていた。旭川空港は市の南東十数キロの丘の上にあり、見晴らしがいい。大雪山の美しい山容が、起伏する丘の上に近々とそびえ、少し離れた右手に、十勝連峰が南に遠くつらなっている。眼下には青田が広がり、丘の斜面の落葉松林や、馬鈴薯畑の白い花がエキゾチックだ。


〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

関連記事

  1. 『塩狩峠』[ 母 ]77 お馬の小屋で……

  2. 『果て遠き丘』[ 蛙の声 ](七)36 また、こういう手を使……

  3. 『塩狩峠』[ 鏡 ]117 「おれはお前に落とさ……

  4. 『果て遠き丘』[ 春の日 ](四)81 「これで第一関門はパ……

  5. 『果て遠き丘』[ 影法師 ](七)39 「それは残酷だ。大変な……

  6. 『塩狩峠』[ 桜の下 ]122 「うそだよ、そんなこ……

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP