『果て遠き丘』[ 起伏 ](一)8 西島はそういったが、……

西島はそういったが、それは、西島が引き出したやさしさのように、恵理子には思われた。いくらやさしくても、西島には西島の苦労があるのではないか。恵理子香也子を思い浮かべた。香也子は、自分と同じ父と母から出たただ一人の妹のはずなのに、会うたびに、顔を逆なでされるような思いを、一度や二度はさせられる。


〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

関連記事

  1. 『塩狩峠』[ 母 ]121 トセのきっぱりとした……

  2. 『塩狩峠』[ かくれんぼ ]30 「そりゃ、こわいかも……

  3. 『塩狩峠』[ 桜の下 ]12 菊が玄関から姿をあら……

  4. 『果て遠き丘』[ 春の日 ](九)25 「その香也子のことで……

  5. 『果て遠き丘』[ 影法師 ](九)15 と、その時電話のベル……

  6. 『塩狩峠』[ 鏡 ]71 「ほんとうにどこにも……

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP