『果て遠き丘』[ 影法師 ](六)4 トラックを誘導する声……

トラックを誘導する声が、向こう岸に聞こえる。ふと見ると、百メートルほど先の配送センターから、トラックが出てくるところだった。旭川木工団地の製品は、この配送センターから全国に向かって発送されるのだ。いま、橋の上を、幾棹もタンスを積んだ大きなトラックが渡って行った。あのタンスを、どんな女性が、どんな家庭の中で使うのか。いつものことながら恵理子は思う。


〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

関連記事

  1. 『塩狩峠』[ かくれんぼ ]116 菊はおどろいて信夫の…………

  2. 『果て遠き丘』[ 蛙の声 ](四)45 「お母さんきもの着せ……

  3. 『氷点』[ 敵 ]46 その言葉を待つという…………

  4. 『塩狩峠』[ 菊人形 ]14 信夫がつまらなそうに……

  5. 『塩狩峠』[ かくれんぼ ]45 「こんにちは」……

  6. 『果て遠き丘』[ 春の日 ](三)1 鳶の啼く声に、小山田……

カテゴリー

アーカイブ