数字・単位・規模

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
    • 小説『果て遠き丘』
    • 企業・店・機関数字・単位・規模時間・時刻・時間帯
    • 国内旭川北海道

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](七)1 店内はひっそりとして……

    店内はひっそりとして客が二組ほどしかなかった。ま昼のせいだろう。容一、保子、恵理子の三人が、いちばん隅の席に向かい合…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 数字・単位・規模時間・時刻・時間帯
    • 北海道国内旭川豊岡

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](六)39 「じゃ、どうだね。お……

    「じゃ、どうだね。お母さんと街まで出てこないかね、十五分もあったら出てこれるだろう」〈作品本文の凡例〉https://www.miu…

    • 小説『果て遠き丘』
    • インテリア・間取り・家電・什器性差・ジェンダー河川・湖沼音・音色・響き街並み・地域・地名地形・構造・道・設備工場・木工所・鉄工所・造船所乗り物・交通数字・単位・規模
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](六)4 トラックを誘導する声……

    トラックを誘導する声が、向こう岸に聞こえる。ふと見ると、百メートルほど先の配送センターから、トラックが出てくるところ…

    • 『氷点』小説
    • インテリア・間取り・家電・什器回想・過去数字・単位・規模暦・曜日・月日の経過
    • 旭川北海道国内神楽

    『氷点』[ 敵 ]42 今、ドアの前に立って…………

    今、ドアの前に立っている村井の後ろ姿を見ながら、一カ月ほど前の、その村井の言葉を夏枝は思い出していた。〈作品本文の凡…

    • 小説『氷点』
    • 年中行事・風物詩・祭り季節・時期・気候数字・単位・規模暦・曜日・月日の経過時間・時刻・時間帯
    • 旭川北海道国内神楽

    『氷点』[ 敵 ]3 遠くで祭りの五段雷が…………

    遠くで祭りの五段雷が鳴った。昭和二十一年七月二十一日、夏祭りのひる下がりである。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-t…

    • 小説『塩狩峠』
    • エクステリアインテリア・間取り・家電・什器遊び・玩具動物・植物・生物音・音色・響き数字・単位・規模
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]362 いちょうの木によって…………

    いちょうの木によって信夫は十まで数えて目をあけた。せみが鳴いている。だれも答えない。信夫はそっと足をしのばせて物置小…

    • 小説『塩狩峠』
    • 遊び・玩具数字・単位・規模
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]339 「──九つ、十。もう…………

    「──九つ、十。もういいかい」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『塩狩峠』
    • 遊び・玩具数字・単位・規模
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]337 「──六つ、七つ、八…………

    「──六つ、七つ、八つ」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『塩狩峠』
    • インテリア・間取り・家電・什器本・新聞・雑誌・文学数字・単位・規模
    • 国内東京

    『塩狩峠』[ かくれんぼ ]261 「吉川は仏壇の下のひ…………

    吉川は仏壇の下のひき出しから本を出した。第一ページを開くなり、信夫は眉根をよせた。〈作品本文の凡例〉https://www.miura…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 天気・気象動物・植物・生物地形・構造・道・設備数字・単位・規模
    • 旭川北海道国内高砂台

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](三)4 西に行けば、道は下っ……

    西に行けば、道は下って三百メートルほどむこうの柏林に突きあたる。香也子は東にむかって歩いて行く。道端のチモシーが雨に…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 年齢・学年数字・単位・規模
    • 旭川北海道国内高砂台

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](一)46 「嫁に? お前、章子……

    「嫁に? お前、章子より二つも若いじゃないか」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 人物造形嫉妬・妬み・ヤキモチ・ライバル心回想・過去数字・単位・規模暦・曜日・月日の経過
    • 旭川北海道国内高砂台

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](一)6 香也子の目に、十日ほ……

    香也子の目に、十日ほど前に見た姉の恵理子の顔が鮮やかに焼きついている。彫ったような二重瞼、しっとりとした肌、やさしく…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 人物造形生活雑貨・日用品インテリア・間取り・家電・什器嫉妬・妬み・ヤキモチ・ライバル心彫刻・人形動物・植物・生物数字・単位・規模
    • 北海道国内旭川高砂台

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](一)4 三面の左の一枚には、……

    三面の左の一枚には、犬、猫、熊などが人形棚にひしめいている。その他、馬や、鹿、ペンギンなど、人をかたどった人形はひと…

    • 小説『果て遠き丘』
    • エクステリアインテリア・間取り・家電・什器山岳・丘陵景色・風景・眺望数字・単位・規模
    • 国内旭川北海道高砂台

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](一)3 香也子のまうしろの窓……

    香也子のまうしろの窓が三面に写って、三方から、新緑の山がおしよせ、いかにもみどりに囲まれている感じだ。〈作品本文の凡…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 生活雑貨・日用品服飾・宝飾化粧・香料・ウィッグインテリア・間取り・家電・什器絵画・イラスト・模様人物名動物・植物・生物数字・単位・規模時間・時刻・時間帯
    • 旭川北海道国内高砂台

    『果て遠き丘』[ 影法師 ](一)2 もう十時だというのに……

    もう十時だというのに、香也子はネグリジェのまま、一時間も前から三面鏡に向かって化粧していた。部屋の片隅のベッドが、三…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 数字・単位・規模
    • 旭川北海道国内市街

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](十)59 保子は十年前の顔にな……

    保子は十年前の顔になる。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 別れ・離別・距離感数字・単位・規模
    • 旭川北海道国内市街

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](十)37 ふだん香也子は、保子……

    ふだん香也子は、保子や恵理子の顔など、二度と見たくないといっている。それがこのあいだは、自分たちを無理矢理引き立てて…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 数字・単位・規模
    • 北海道国内旭川市街

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](十)14 「同じよ。せいぜい一……

    「同じよ。せいぜい一本よ」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 職業・生業・仕事嗜好品懐かしい・追憶別れ・離別・距離感性差・ジェンダー飲食・食事・料理・食物・食材回想・過去企業・店・機関数字・単位・規模
    • 旭川北海道国内市街

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](十)9 と、別れた妻を改めて……

    と、別れた妻を改めて吟味するように眺めた。ある種の女にとっては、十年の月日も変化をもたらさないものだ。以前、この部屋…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 別れ・離別・距離感数字・単位・規模
    • 旭川北海道国内市街

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](十)8 「十年か、別れて。………

    「十年か、別れて。……早いもんだね」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 人物造形生活雑貨・日用品飲食・食事・料理・食物・食材回想・過去街並み・地域・地名企業・店・機関数字・単位・規模暦・曜日・月日の経過
    • 旭川北海道国内市街

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](九)26 保子はふっと、思いつ……

    保子はふっと、思いつめるような声になった。容一は、大阪に二、三日出張する用があったので、会う日を今日まで延ばした。保…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 人物造形別れ・離別・距離感性差・ジェンダー数字・単位・規模
    • 旭川北海道国内高砂台

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](九)11 だが、その欠点を除け……

    だが、その欠点を除けば、神経の行き届いた、女らしい女だった。別れるつもりはなくて別れた未練が、十年後のいまも残ってい…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 年齢・学年職業・生業・仕事電話・電報・FAX・郵便・メール数字・単位・規模暦・曜日・月日の経過
    • 旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](九)4 と、秘書の笹ハマ子が……

    と、秘書の笹ハマ子が電話を取り次いだ時、容一はてっきり、娘の恵理子からだと胸がとどろいた。用事のある時はいつでも電話…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 動物・植物・生物街並み・地域・地名電話・電報・FAX・郵便・メール数字・単位・規模暦・曜日・月日の経過
    • 旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](九)2 保子から、思いがけな……

    保子から、思いがけなく電話がきたのは、五日ほど前のことだ。旭山に桜を見に行った翌日だった。〈作品本文の凡例〉https://w…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 地形・構造・道・設備数字・単位・規模
    • 旭川北海道国内旭山

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](八)1 容一に手首をぐいぐい……

    容一に手首をぐいぐい引っぱられて、何十メートルか、斜面を降りた扶代と章子は、あっけにとられていた。〈作品本文の凡例〉h…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 人物造形年齢・学年ライフイベント音楽・楽曲・楽器回想・過去伝統文化数字・単位・規模
    • 北海道国内旭山旭川

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](七)15 八歳の頃から、母が家……

    八歳の頃から、母が家を出て行くまでの二年ほど、香也子は祖母のツネに茶を習ったことがある。が、長じては、茶道にも華道に…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 年齢・学年服飾・宝飾回想・過去数字・単位・規模
    • 旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](六)59 容一は、恵理子の高校……

    容一は、恵理子の高校の卒業式に扶代にかくれて出席した。そのとき、僅か二、三分だったが、容一は恵理子と言葉をかわした。…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 本・新聞・雑誌・文学回想・過去伝統文化山岳・丘陵数字・単位・規模
    • 国内旭川北海道高砂台

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](六)35 香也子は今朝、新聞を……

    香也子は今朝、新聞をひらき、そこに、五、六行の小さな記事を見て胸をとどろかせた。それは、藤戸ツネが旭山において野点の…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 神社・神宮山岳・丘陵動物・植物・生物景色・風景・眺望地形・構造・道・設備公共施設企業・店・機関数字・単位・規模
    • 旭山旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](六)16 香也子はいいながら、……

    香也子はいいながら、目で何かを探していた。幾折れもの道が木立をぬって頂上へとつづいている。が、香也子たちは、急勾配の…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 人物造形家事・DIY生活雑貨・日用品エクステリアインテリア・間取り・家電・什器動物・植物・生物数字・単位・規模
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 春の日 ](五)19 その翌日のことだった……

    その翌日のことだった。保子にいわれて、恵理子はゴミを焼きに外に出た。ポプラから少し離れたところに、小さな焼却炉がある…

カテゴリー

アーカイブ