『果て遠き丘』[ 春の日 ](九)26 保子はふっと、思いつ……

保子はふっと、思いつめるような声になった。容一は、大阪に二、三日出張する用があったので、会う日を今日まで延ばした。保子は外食を嫌う女だ。が、この菊天にだけは、時折容一ときたものだった。おかみの初代が、保子の気性をのみこんで、座布団のカバーは真新しいものをかけて出すし、夏でも冬でも、おしぼりは火傷をしそうな熱いものを出した。ここの天ぷらは、特に保子の口に合う。自分の手で作った刺身でなければ食べない保子も、この店の刺身だけは食べた。


〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

関連記事

  1. 『塩狩峠』[ 母 ]94 「まあ、知っていて今……

  2. 『果て遠き丘』[ 影法師 ](四)12 「あら、だって、いま……

  3. 『塩狩峠』[ 桜の下 ]154 「まあ、おばけなんて……

  4. 『果て遠き丘』[ 起伏 ](三)18 恵理子が作ってくれた……

  5. 『果て遠き丘』[ 影法師 ](九)53 「とにかく、わたしお……

  6. 『果て遠き丘』[ 春の日 ](六)26 「行って見ましょうよ……

カテゴリー

アーカイブ