『塩狩峠』[ 菊人形 ]18 根本先生が退める話を……

根本先生が退める話を、信夫はきのうきいたばかりだった。根本先生に、どこにも行かないで自分のお嫁さんになってほしいと頼んだ一年生の時のことを信夫は忘れていた。しかし、先生の退職はやはり淋しかった。廊下で会うと、にっこり笑って礼を返してくれる先生が、もういなくなってしまっては困るのだ。なぜかわからないが無性に淋しいのだ。


〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

関連記事

  1. 『果て遠き丘』[ 蔓バラ ](一)29 と、ちょっと顔を赤ら……

  2. 『果て遠き丘』[ 蔓バラ ](四)31 対向車が、二人の顔に……

  3. 『塩狩峠』[ 鏡 ]99 めずらしく虎雄が強情……

  4. 『塩狩峠』[ かくれんぼ ]279 吉川は信夫の不安そう…………

  5. 『塩狩峠』[ 鏡 ]80 「いや、おばあさまは……

  6. 『果て遠き丘』[ 蛙の声 ](二)19 アイスクリームをなめ……

カテゴリー

アーカイブ