国内

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川空港旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](一)29 「持っているものを生……

    「持っているものを生かすってことが、むずかしいんだなあ、現代の人には」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川空港北海道国内旭川

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](一)28 「わたしもよ。わたし……

    「わたしもよ。わたしもね、心をこめて縫ってあげた洋服を一、二度しか着ないで、次々に注文してくる人を見ることがあるんで…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川空港旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](一)27 「ぼくは、北海道らし……

    「ぼくは、北海道らしい、清純で素朴な家具を作りたいんですよ。どんな貧しい家庭にも、または豪華な家にも調和する家具をね…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川空港旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](一)26 二人の頭上を、黄色い……

    二人の頭上を、黄色いセスナ機が軽いうなりを立てて飛んで行った。恵理子は再び、西島と歩いていた女性を思い浮かべた。そん…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川空港旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](一)25 「ぼくはねえ恵理子さ……

    「ぼくはねえ恵理子さん、木を見ていますとね、何だか宝石よりも美しいように思われてくるんですよ。宝石もそりゃあ美しいに…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川空港旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](一)24 楽しくてならないとい……

    楽しくてならないというような西島の熱心な語調に、恵理子も引き入れられてうなずく。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-t…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川空港旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](一)23 「そうですよ。光のあ……

    「そうですよ。光のあて方によって、玉虫のように紋様が変わったでしょう」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川空港旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](一)22 「ええ。道産材の樺や……

    「ええ。道産材の樺や楢が多かったですわね。同じ木でも、面によってあんなにさまざまな色があり模様があるのですものね」〈…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川空港旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](一)21 「いちがいに木といっ……

    「いちがいに木といっても、種類はたくさんあるでしょう。木にはそれぞれの性質がありましてね。このあいだもショールームで…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川空港旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](一)20 東京という大都会を離……

    東京という大都会を離れて、木に魅せられてこの地にきた青年がここにいる。そう恵理子は思った。〈作品本文の凡例〉https://w…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川空港旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](一)19 「ほんとうに木がお好……

    「ほんとうに木がお好きなのね、西島さんは」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川空港旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](一)18 「僕は特に木が好きな……

    「僕は特に木が好きなんですよ。木が好きだから木工家具のデザイナーになったんですが……」〈作品本文の凡例〉https://www.miu…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川空港旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](一)17 明るくいって、西島は……

    明るくいって、西島は恵理子を見、〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川空港旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](一)16 「ぼくもです」……

    「ぼくもです」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川空港旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](一)15 「わたしも、自然は好……

    「わたしも、自然は好きよ。花や草や、石や木や……」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川空港旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](一)14 西島は目を細めて、光……

    西島は目を細めて、光にかすむ丘の果てを見た。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川空港旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](一)13 「しかし、旭川にも友……

    「しかし、旭川にも友だちがたくさんできましたよ。それにこの自然は、絶対東京にはありませんからねえ」〈作品本文の凡例〉h…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川空港旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](一)12 西島はうれしそうにい……

    西島はうれしそうにいった。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川空港国内旭川北海道

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](一)11 「ええ、友だちはたく……

    「ええ、友だちはたくさんいます」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川空港旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](一)10 恵理子は今日もまた、……

    恵理子は今日もまた、いつか見た若い女性のことを思いだした。西島と二人で、木工団地の川岸を歩いて行った若い女性。あの人…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川空港旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](一)9 「でも、東京にお帰り……

    「でも、東京にお帰りになったら、お友だちがたくさんいらっしゃるでしょう」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川空港国内旭川北海道

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](一)8 西島はそういったが、……

    西島はそういったが、それは、西島が引き出したやさしさのように、恵理子には思われた。いくらやさしくても、西島には西島の…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川空港旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](一)7 「三人とも、みなやさ……

    「三人とも、みなやさしい人でしてね」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川空港旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](一)6 西島は東京の浅草で生……

    西島は東京の浅草で生まれ、浅草で育った。浅草には西島の両親と弟が二人、妹が一人いるという。だが、母は三人めで、弟や妹…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川空港国内旭川北海道

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](一)5 「東京に行くのがいや……

    「東京に行くのがいやになりますよ」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川空港旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](一)4 ついいましがたまで、……

    ついいましがたまで、祖母や香也子に時間をとられて、はらはらしたことなど嘘のようだ。青田のところどころに、丈高いポプラ…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川空港旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](一)3 「いい眺めねえ」……

    「いい眺めねえ」〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.com/?p=2463

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川空港北海道国内旭川

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](一)2 二人は並んで、空港前……

    二人は並んで、空港前の芝生にすわっていた。旭川空港は市の南東十数キロの丘の上にあり、見晴らしがいい。大雪山の美しい山…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川空港旭川北海道国内

    『果て遠き丘』[ 起伏 ](一)1 空港には人けがなかっ……

    空港には人けがなかった。駐車場に車が一、二台あるだけだ。東京往復一日僅か三便の、このローカル空港は、こうしたひっそり…

    • 小説『果て遠き丘』
    • 旭川北海道国内豊岡

    『果て遠き丘』[ 蔓バラ ](五)79 と、整は恵理子を追い……

    と、整は恵理子を追い立てるように玄関に送り出す。ほっとして恵理子は家を出た。〈作品本文の凡例〉https://www.miura-text.…

カテゴリー

アーカイブ